男たちへ/塩野七生

a0004725_1152678.jpg

なんで女性の私がこの本を読んだのかちょっと不思議なんですが・・・。
とにかく、面白かったです!!
男性のみならず、女性にもオススメですよ。
男の見る目がちょっと上がるような気がします。
塩野さんの男性論について色々語っているわけなのですが、これが私の持論と似ていて、よくぞ言語化してくれました!!といった感じ。
しかも、お上品なのでアッパーな気分になれることうけあい。

この人のおちゃめだなぁと思うところは、何かしらにつけ、セックスに結びついてしまう事。
例えば、彼女の嫌いな男性像として、分厚い漫画本を電車の中で読んでいる人、というのがありまして、それまではいいのですが彼女は更に想像しつづけ「だって漫画しか読まないような素養のない男とセックスなんかしたらグギーーーー!!とか、ガガーーー!!とかうるさそう」とまで言っている。
なにもセックスしなくても・・・、つーか、する機会ないでしょう・・・。
私も電車の中で漫画読んでるサラリーマン嫌いですし(ガキならまだ許せる)、さらにこの後出てくるロリコンの男が嫌いというのもうなずける。
一個人としての趣味としてならいいのですが、これがメインストリームになるのはどうかと思う。

そんなわけで、今は続編「再び、男たちへ」を読んでいるのですが、こっちはより経済、政治、歴史的な話です。
私は前作のほうが面白いかな?
[PR]
by tabalog | 2004-10-29 12:43 |


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧