丹下左膳餘話 百萬兩の壺

a0004725_12521472.jpg

昨日WOWOWで放送していました。
最初は全然観る気がなかったのですが、彼氏が観たいというのでしょうがなく観ていたら、コレが何気に面白い!!
1935年製作というから、今からかれこれ70年前の作品なのですが、内容はまるで古さを感じさせず、人の笑いのツボというのは今も昔も変わらないものなのかなと感じました。
落語を聞くときも感じますが。

百万石の城主が弟にまるで二束三文のような壷をあげる。
しかし、その壷が実は100万両もする壷だとわかって、取り返したくてしかたがない。
当の弟は意地になって壷は返さないものの、くず屋に壷を渡してしまう。
そこに丹下左膳も加わって、江戸中を巻き込んで大騒動、というオバカなストーリー。

こういう良心のある笑いの映画っていいなぁ。
[PR]
by tabalog | 2005-10-11 13:00 | 映画

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧