警察の情報網はやはり凄いのだ。

昨日広島の女児殺人事件の報道で、警察が容疑者を数人に絞込み捜査を進めているという話でした。
そんな矢先の本日遂に容疑者が逮捕されましたね。
女児の命は戻りませんが、犯人が捕まって本当に良かったと思います。

で、冒頭の警察の情報網はやはり凄い、っていう話題に戻るわけなんですが。
容疑者を絞り込む警察の情報網はやはり凄いのですよ。

今から10何年か前の話。
以前の実家の隣が郵便局で、年の暮れに強盗が入ったんです。
郵便局のお客さんを人質にとって、首の辺りに包丁を突きつけ「金を出せ」と要求したんですな。
だが、郵便局長さんは、お客さんの命がかかっているにもかかわらず、ナント、強盗に「金はない」と言ったらしいのです。
そしたらその強盗は何も盗らずに逃亡、というなんともお間抜けな泥棒話。

しかし、何しろ田舎なもんだから町は大騒ぎ。

「こんな田舎の目立たない郵便局に強盗に入るなんて近隣の住民の仕業なんじゃないのか」とか、「人質にとられたおっさんは金持ちだから、おっさんの金狙いでやったんじゃないか」とか、「そういやどこそこの息子が無職だぞ。あいつじゃねぇのか」とか、実に色んな憶測が飛び交ったものです。

そんな喧騒の中、実は犯人を見ていたのです、私。
なにしろ家の前に朝八時ごろからず~っと同じ車が止まっていて、でも、時々ふらっといなくなってはまた止まるという事を繰り返していて、ちょうど年の暮れで弟が帰省していたもんだから「弟の友達かな~、郵便局の客かな~、それにしても白い野球帽なんてダセェなぁ、しかも、深深とかぶってやがる、あんなんで車の運転できんのかよ」なんて思いながら見ていたんです。

そしたら捜査員がウチに聞き込みにやってきたからさあ大変。

親には「バカな事に首を突っ込むんじゃない」と怒られたけれど、好奇心旺盛な私は捜査に協力してしまったのだ。

「顔は全然確認できなかったんですけど、白い野球帽を被ってて、痩せ顔で、車は白のマークⅡでした」なんて意気揚揚と答えちまったもんだからさあ大変!!

連日警察がやってきてお茶は用意しなきゃなんないわ、似顔絵書く人やってきて色々説明しなきゃなんないわ、ついには「本当に顔見てないの?」なんて疑われるわ・・・。

その時の経験で一番恐ろしかったのが、警察が次々と前科モノの人たちの写真を持ってきて「この人はどう?この人は似てる?この人犯人じゃない?」なんて詰め寄ってきた事。

だって私がポロっと「刑事さん!!コイツです!!コイツが犯人です!!」なんて言っちゃった日にゃあ、この人はいきなり犯罪者なわけでしょ?
いくら前科モノな方たちとはいえ、もしかしたら更生して、家族が出来て、すし屋かなんか経営して(なんですし屋?)慎ましやかに生活しているかもしれないじゃん。
そんな生活を私の一言で壊してしまうなんて・・・、できんよ。

自分らも警察にどういう風に情報が集められているかわからんな~。
怖いのぉ。
[PR]
by tabalog | 2005-11-30 14:01 | 最近の出来事

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧