ジョージ・マイケル~素顔の告白~

a0004725_12312547.jpg

思えば、この映画を観に行ったことが私の風邪の悪化に拍車をかけたんだよなぁ。

ル・シネマって凄い乾燥しているんですよ。
加えてあの劇場って飲食禁止なんで、喉の弱い私には痛めろと言ってるようなもんでしたよ。
ジョージ・マイケルがあの場にいたら絶対怒るよ。

彼はそれくらい繊細だってことですよ。
この映画を観て「この人繊細すぎるよ。こんな神経だったらショービズ界にいられなくもなるよ」って思った。
なかなかライブをやらないのもうなずける。

私にとってのジョージ・マイケルは何といってもワム!で、単なるアイドル。
好きになったらあっという間に解散しちゃったってな感じ。

そんな彼をはじめて「この人ってこんなに歌が上手かったんだー。ただのアイドルじゃなかったんだー」って感動したのが、フレディ・マーキュリーの追悼ライブ。
あの時の彼の歌声は圧巻でした。
でも、あの歌の裏側ではジョージ自身が恋人のアンセルモをエイズで亡くし、その死をフレディに、そして自身に照らし合わせて悲しみや恐怖と戦っていたなんて聞くと、あの歌声もうなずける。
やはり、歌というのは技術ではなく心なんだね。

それに対して、ワム!時代の相棒、アンドリュー・リッジリーのお気楽能天気なこと!!
ワム!解散後もとても仲良さそうです。
それはジョージとは対照的に明るくおおらかなアンドリューの性格の賜物なのかもしれない。

あと、「アメリカでは販促をしなければ売れない。メディア露出をしなければ売れない。」とアメリカのショービズ界を批判していたけど、それはちょっと違うかなって思う。
ここのところアメリカはラップの全盛期ですからね、往年のポップスターはたいてい苦戦を強いられていて、決して彼だけが売り上げが伸びていないわけではないと思う。

あんまり関係ないけど劇中に出てくるワム!時代の新聞記事の片隅にデュランデュランのジョン・テイラーの写真があって悩殺されてしまいました(^_^;)
[PR]
by tabalog | 2006-01-12 13:04 | 映画


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧