トランスアメリカ

a0004725_0141920.jpg

公式HPはコチラ

性同一性障害を主題とする映画は少なくはない、というか、マイナーな主題のはずがいまやメジャーになりつつあり、やや食傷気味。
でも、この手の話は何故か好き。
ジェンダーというものに興味があるのかもしれない。

この映画は性同一性障害がどうとかという話よりも、ハートウォーミングなロードムーヴィーな感じが好き。
ゆっくりと時間が流れ、その時間の流れの中で人と人の「絆」を探す、みたいな。

主人公のブリーの演技が本当にソレっぽい。
過剰なほどに「女性」を意識するその姿は凄く一生懸命で、それがまた笑える。

息子役の子は第2のリバー・フェニックスの呼び声が高いとか、高くないとか。
どっちやねん。
彼がリバーの後継者になれるかどうかはちと怪しいけれど、それでもまぁ、それなりにかわいこちゃんなんで、青田買い好きは要チェックですな。
パンチDEデート風にいうと「リバー・フェニックスというよりも~、遅れてきたエドワード・ファーロング」って感じ。
[PR]
by tabalog | 2006-08-20 00:31 | 映画

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧