ディープ・ブルー

六本木ヒルズの映画館で見てきました。
新宿でも上映されるらしいので、待っていようかとも思ったのですが、大正解でした。
この映画、出来る限り大きなスクリーンで見たほうがいいかと思います。

とにかく、映像がダイナミックです。
昨今の映画のCGにはない、真の自然の造形美が堪能できます。
それに加えて、音楽もとても美しい。
さらに、その美しさを際立たせているのが、必要最小限におさえらたナレーションです。
自然の素晴らしさを説明するために、いろんなうんちくが入るのかと思いきや、とても物静かに映像が流れていきます。
言葉よりも、知識よりも映像。
それが「ディープ・ブルー」がこの手の映画と一番違う部分なのではないでしょうか。

以前テレビでシャチが子アザラシを食べる前に、シッポでブン投げて殺していく様を、シャチとアザラシが遊んでいると勘違いしてしまい、凄い大爆笑した事を思い出しました。
(会社のみんなに「不謹慎だ!!」と怒られました・・・。)
この映画で、はじめて海底があんなふうになっている事を知りました。
しかし、どうやって撮ったんでしょう?

夏休みに見るファミリー映画としてもよいのではないでしょうか?
って、もうすぐ夏休みって終わるんですかね(^^;

公式HPはコチラ
[PR]
by tabalog | 2004-08-24 12:52 | 映画


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧