カテゴリ:本( 55 )

パーク・ライフ/吉田修一

a0004725_12531773.jpg
なんでも、芥川賞受賞作品らしいです。
読んだ印象としましては、読みやすい村上春樹といったところでしょうか?
村上春樹の作品は、読みはじめがとっつくにくいんだけど、今作品にはそれがなくて、さらっと読める感じがしました。
主人公の名前がなかなか出てこないところといい、妙に都会的なところといい、何か似ているんだよなぁ・・・。
しかし、日比谷公園周辺の様子等細かいところまでこだわっているので、地方の人が読んだりするとどういう感想を持つのか気になりますね。
しかし、私は一緒に入ってるflowersという小説のほうが気に入りました。
この話はほんといいです。
多種多様な人物設定で、読んでいると必ずや「この人、私に似ているな」という人がいて、しかし出てくる全ての人々に感情移入できる、そんな感じです。
因みに私は、主人公の妻、鞠子派ですかな(*_*)
[PR]
by tabalog | 2004-11-12 13:04 |

男たちへ/塩野七生

a0004725_1152678.jpg

なんで女性の私がこの本を読んだのかちょっと不思議なんですが・・・。
とにかく、面白かったです!!
男性のみならず、女性にもオススメですよ。
男の見る目がちょっと上がるような気がします。
塩野さんの男性論について色々語っているわけなのですが、これが私の持論と似ていて、よくぞ言語化してくれました!!といった感じ。
しかも、お上品なのでアッパーな気分になれることうけあい。

この人のおちゃめだなぁと思うところは、何かしらにつけ、セックスに結びついてしまう事。
例えば、彼女の嫌いな男性像として、分厚い漫画本を電車の中で読んでいる人、というのがありまして、それまではいいのですが彼女は更に想像しつづけ「だって漫画しか読まないような素養のない男とセックスなんかしたらグギーーーー!!とか、ガガーーー!!とかうるさそう」とまで言っている。
なにもセックスしなくても・・・、つーか、する機会ないでしょう・・・。
私も電車の中で漫画読んでるサラリーマン嫌いですし(ガキならまだ許せる)、さらにこの後出てくるロリコンの男が嫌いというのもうなずける。
一個人としての趣味としてならいいのですが、これがメインストリームになるのはどうかと思う。

そんなわけで、今は続編「再び、男たちへ」を読んでいるのですが、こっちはより経済、政治、歴史的な話です。
私は前作のほうが面白いかな?
[PR]
by tabalog | 2004-10-29 12:43 |

男の見方 女の見方/養老孟司 長谷川眞理子

本のカテゴリーに入れてしまっては見たものの、別段感想でも、紹介でもございません。
この本を読んでいて、ちょっと思い出したことがあったので、書いてみようかなと思った次第でございます。

長谷川眞理子さんが書いている章の「チューリップ」という話の中に、欧米文化では花束を贈るのは取り立てて特別なことではない、という内容の話が出てきます。
更に、彼女がケンブリッジ大学にいた頃、アメリカ人の男子学生に「夫と離れて暮していて寂しい」ともらした所、翌日に少しでも慰めになればとそのアメリカ人男子学生から花束をプレゼントされ、いたく感激したというエピソードもあります。

で、思い出したのです。

それはまだ私が田舎にいた頃のことです。
ウチの近所にジェイミー君というアメリカ人と日本人のハーフの男の子が、はるばるアメリカから引っ越してきました。
そのとき私は大学生で、ジェイミー君は小学校三年生くらいだったかな?

その頃私は実家の隣の商店(沖縄方言でいうところの「マチャーグヮー」です)でアルバイトしていました。
そこに、私の友達のお父さんが、すっかり酔っ払ってご陽気気分でやってきました。
するとお父さん、どういうわけだか「みんなに小遣いあげようね~」と言い出し、私ともう一人のバイトの女の子に渡そうとしました。
もちろん、私は受け取りませんでしたが(^^;

そんなすったもんだの最中にジェイミー君が買い物にやってきました。
お父さんはジェイミー君にも小遣いをあげようと言い出し、案の定ジェイミー君は受け取ってしまいました。
アメリカ人だし、まだ子どもだし、まだ遠慮を知らなくても仕方がない。
そして、ジェイミー君はお店を飛び出し、自転車こいでどっかへ行ってしまいました。

しばらくして、閉店間際にまたジェイミー君が現れました。
彼の手には2本の薔薇。
そして、私ともう一人のバイトの女の子に一本づつ差し出し、こう言いました。

「Present For You♪」

あの時、店を飛び出したジェイミー君、見知らぬおじさんから貰ったお金を持って近所のお花屋さんで、私たちに薔薇を買ってきてくれたのです!!

アメリカ人小学生恐るべし!!
まぁ、男性から花貰うなんて、後にも先にもコレだけかも(>_<)
[PR]
by tabalog | 2004-10-05 22:51 |

今夜、すべてのバーで/中島らも

a0004725_12551193.jpg
ちょっと、ネタ切れなもんで本の話でも。

らもたんの本は「~相談室くらい」しか読んだ事なかったのですが、かなり面白かったです。

私も破滅型ののんべぇなんで、この本をよんでかなり反省しました。
これからは、ほどほどに、を目標にしよっと。
お酒をやめられないところが、悲しい性なのです(T_T)

らもたん、亡くなっちゃいましたね。
ちょっと寂しいです・・・。
[PR]
by tabalog | 2004-09-02 13:04 |

自分の感受性くらい

ぱさぱさに乾いてゆく心を
ひとのせいにはするな
みずから水やりを怠っておいて

気難しくなってきたのを
友人のせいにはするな
しなやかさを失ったのはどちらなのか

苛立つのを
近親のせいにはするな
なにもかも下手だったのはわたくし

初心消えかかるのを
暮しのせいにはするな
そもそもが ひよわな志にすぎなかった

駄目なことの一切を
時代のせいにはするな
わずかに光る尊厳の放棄

自分の感受性くらい
自分で守れ
ばかものよ


******************

これは茨木のり子さんの「おんなのことば」という本に載っている詩です。

最近読んで目からウロコ状態だったので、ちょっと書いてみました(^^;
[PR]
by tabalog | 2004-07-11 02:18 |

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧