カテゴリ:沖縄旅日記( 10 )

沖縄旅日記 その8

5日目。

石川市にあるビオスの丘に行って来ました。
ここも私が沖縄に住んでいた頃はなかった施設です。

バスで行くのは大変そうだったので、タクシーで行きました。
いかにも亜熱帯な感じの池を鑑賞舟で見て廻るのですが、蘭について今まで知らなかった事が結構多くてビックリ。
舟を運転しながら案内する人もなかなか面白い。

ただ、見所はこれくらいなもんで、あとはだたっぴろい広場がある感じ。
まぁ、大人げもなくブランコ乗ったりして遊んでましたけど。
それと、久しぶりに帰ってくると、改めて米軍の飛行機やヘリコプターの多さに気付かされますね。
ビオスの丘にいる間、けっこうな回数見ました。

そこから今度は恩納村の「なかむらそば」へ。
ここは「アーサ(海藻)そば」が有名なところらしいです。
麺にアーサが練りこまれていて、普通の沖縄そばよりあっさり食べられるかもしれません。
アジクーターが好きな人には、ちょっと物足りないかも(^^;

恩納に来たついでに、万座毛まで足を伸ばしてみました。
万座毛は、ずいぶん前に一度行ったっきり。
かつては車上あらしがでるだの、自殺の名所だの、あまりいい噂がなかったものですから、あまり行く事もありませんでした。
ですが、今回行ってみると、そんなバッドイメージはどこ吹く風。
自然の海と、リゾートホテルが見渡せるとてもキレイな場所でした。
今まで行かなかったのが勿体無い・・・。

そして、自宅へ帰ってくるのですが、本日の私はそれだけではないっ!!
今度は夜8時から、大学時代の友達との集まりがあるのです。
夜8時って・・・。
それまでに時間があるのでTVを見て時間を過ごしていたら事件勃発!!
私が世界一大好きなベーシストのいるバンド、太陽風オーケストラが出てきたのですっ!!
残念ながら、そのベーシストの方は出演していなかったのですが、こんな偶然めったにないっ!!
しかもチビさん(宮永英一)も出ていました。

そうこうしているうちに、レアル・マドリード対市原の試合が始まってしまい、「あ~、試合みたい~。出掛けたくない~。」と騒ぎ始めるが、みんな私の為に集まってくれるのでそうもいかない。

泣く泣く我が家を後にして、タクシーに乗って皆に会いに。
場所は大学時代の友達が経営しているケーキ屋さん「ミシュミシュ」。
泡瀬のかつてダイエーだった建物のすぐ近くにあります。
お店にははじめて行きましたが、なかなか感じがよくて、彼女の性格がそのまま反映されている感じ。
私は甘い物はニガテなのですが、せっかくなのでいただきました。
うん、我が友ながらマジうまいっ!!
みなさん、こんな私の為に集まってくれてどうもありがとう♪
taba-logの感想をすぐメールしてくれた直美、どうもありがとでしゅ☆

++++++++++++

そろそろ飽きてきたので、どんどん行きます。

6日目。

母と彼氏と連れ立って琉球村へ。

琉球村は、それこそベタな観光スポットですからねぇ、行ったことがありません(^^;

沖縄の昔の民家が建ち並び、大綱引きしたり、舞踊を見たりという感じです。
私の中での大ヒットは、もう何と言ってもハブとマングースの決闘。
これは絶対に見たほうがいいっ!!
数年前から、動物保護条例かなにかで禁止されているという事で、CGの映像なのですが、
これがビミョーに凝っているようで、チープで大爆笑っ!!
笑いを堪えるのに必死でした。

続く。

↓友達のお店「ミシュミシュ」です♪
a0004725_23131724.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-18 14:46 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 番外編

2人のウチナーンシュ IN 西荻

って、なんのこっちゃ。

まぁ、私の家が西荻にありまして、今沖縄の友達がウチに泊まりに来ているということなんですけれども・・・(^^;

彼女は大学の時の同級生で、スマップの追っかけ(?)をしていて、現在は長野に住んでいます。
たいてい年に一回は上京してきて、家に訪ねてきます。

彼女は、ちょっと変わっていて一人でどこにでも行ってしまいます。
沖縄には電車がないので、東京に来ても一人で歩くのは結構躊躇するものなんですが、彼女は違います。
一人で調べ、一人で遊び、一人でゴハンを食べに行くのです。
ちなみに、昨日はお台場と、コミケに行って来たらしい・・・。
また、私がこの時期仕事を休めないので、とても都合がいいです。

しかし、家にいる二日間とも夕飯は西荻のお店です。
なぜかというと、新宿とかのように混んでないし、美味いから。

おとついは「HUGE」(最近TVでも紹介されまして大盛況)のカレー、昨日は「シーサーズ」で沖縄料理と、ディープな西荻を満喫しております。
彼女もすっかり西荻が気に入ったご様子。
これでまた西荻教が一人増えました☆。
[PR]
by tabalog | 2004-08-14 08:37 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その7

かくして、私たちは長い長いドライブに行くことになりました。
58号線をひたすら北上していくだけのドライブ。

昔、時間がいっぱいあって、しかも、その事が実はとても恵まれていたことだなんて気付かなかった頃、よくみんなでドライブしたね。
危ない目にもあったりしたけど、楽しかった。

そうそう、最初に昔よく遊んでいた北谷の宮城の海岸の方をちょっと案内してもらいました。
そのちょっと奥の方に車を走らせると、まるでアメリカのような町並みがっ!!

友達が「思いやり予算で外人はこんな上等おウチに住んでっ!!もしくはナイチャーてー!!」と、声を荒げていました。
そういえば、本部の絶景ポイントにもナイチャーのものらしき別荘が建っていました。
最近沖縄に移住したり、別荘を持ったりする人、多いですが、私の友達はそれを良く思っていません。
まぁ、それだけ具志川が好きって事です(^^;

その友達三人は、実はちょっと変わった共通点があります。
それは、三人とも旦那なしの子持ち。
一人は離婚で、二人は最初から結婚しないで子供を産んでいるわけなのですが、なんだか楽しそうで羨ましいです。

本当に気構えなく一緒に居られる連中です。
会っている間「具志川に帰ってこい~~っ!!」って何度言われた事か・・・。
つーか、「沖縄」ぢゃなくて、「具志川」なのね・・・。
こんな私とよく友達でいられるなぁと思う。
そして、こんなに良くしてくれる連中と離れて暮らす意味のある生活をする必要があるのかなぁ、とも考えてしまう。

みんな、ありがとう☆

あっ、それと許田にある道の駅の宝くじ売り場で、宝くじを買いました♪
なんでも、そこの売り場で一等が出たらしく、友達が「絶対許田で買う!!」と意気込んでいたので、便乗しちゃいました。

そして、サッカーを見るために五時ごろに帰宅。
その頃には彼氏も帰宅して、母も含め三人でサッカー観戦。
あれ?でも、試合内容を覚えていない・・・。
デヘ(^^;

続く。
[PR]
by tabalog | 2004-08-13 11:05 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その6

4日目

この日は田舎、具志川の友達と遊びに行くことに。
今回会う友達は3人で、記憶にある中で一番古い付き合いのやつと、小学校からの友達と、高校からの友達で、5、6年ぶりに会うので嬉しい反面、ちょっと緊張しました。
そんなわけで、彼氏は一人で朝からちゅら海水族館に出かけていきました。
ナイチャーが一人で、しかも具志川からバスで本部まで辿り着く事が出来るのかしら・・・?

本日は母もお休みで、午前中は二人でTVを見て過ごしました。
ちょうどこの日は水曜日で、郷土劇場が放送される日で、沖縄の昔の芝居をやっていました。
いざ見てみると、方言がイマイチわからないものの、内容はちゃんとわかり楽しく見ました。
郷土劇場が終わるのがだいたい11時頃、友達との約束が正午だったので、そろそろ準備しようかな~、なんて思っていたところ友達から電話がっ!!

「あんたの家に迎えに行きたいんだけど、どんなして行ったらいいの~?」

・・・、そうそう、我が家は数年前に、道路の区画整理のため引越しを余儀なくされ、みんな場所を知らないのです。
それで、別のわかりやすい場所で待ち合わせていたので、何もウチまで来なくても~、なんて言ったら

「ハッシ!!あんたの家に行きたいわけさ~。行きたい~!!」

・・・、そこまで駄々をこねられるとしょうがない。
みんな母とも顔見知りなので、私が準備している間いろいろ話していました。

友達の車で北谷のパスタ屋さん「ズムズム」(確かそんな名前)でお昼を食べました。
まぁ、パスタは東京でさんざん食べ歩いていますから、普通って感じなのですが、ごまプリンがマジ美味いっ!!
甘いものがニガテな私でも、ペロリと食べられました。

さてさて、次はどこに連れてってくれるのやら・・・?

続く。
[PR]
by tabalog | 2004-08-12 10:45 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その5

3日目

北谷に遊びに行くことに。
ここはかつてハンビー飛行場という米軍の施設があったのですが、返還され、現在では観覧車や大型ショッピングセンターが立ち並ぶ一大アミューズメントスポットとなっているところ。
喜仲入り口というバス停からコザ十字路まで行って、そこから乗り換えてジャーガル方面から58号線へと抜けていきます。
このジャーガルの坂は狭くて、急で、更にバスも通るので、飛ばし屋が結構いる事でも有名。
気をつけましょう(*^_^*)

私もさすがに、北谷までバスで来た事はないので心配でしたが、なんとかアメリカンビレッジに辿り着きました。
ここら辺はかつての私の遊び場と違う、新しく出来たところ。
勝手がわからずウロウロ。
とりあえず、タコライスを食べて買い物をする事に。
アメリカン・デポでかわいい、かわいい白のニット帽を買う。
最初は色々見て廻っていたんだけど、そのうちまた暑さにやられてしまい、ジャスコでぜんざいを食べながらクーラーで涼む。

次は裕次郎そばで食べたいっ!!ということで、アメリカンビレッジから延々歩く。
途中友達が教師をしている桑江中学校が見えてきて、いっそ会いに行ってやろうかと思ったが、ご時世がご時世なだけに、変態と思われるのも嫌なので、やめる。

裕次郎そばでは軟骨そばを食べる。
これまた美味で、軟骨が実に柔らかく、コラーゲンたっぷりな感じがたまらない。
よくよく考えてみれば、歩いているか、食べているかのどっちかだな・・・(>_<)
そうこうしているうちに日も暮れてきて、日が沈んでいく様子を眺めてみる。
水平線に沈んでいく太陽はベタだけど、やっぱりきれい。

だんだん雑になってきた沖縄旅日記。
だって、忘れ始めているんだもん(^^;
ちなみに写真はいずれ編集してアップするつもりでございます。
すんません、なまけもので・・・(爆

続く。
a0004725_8554588.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-10 13:00 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その4

沖縄2日目。

実家にはクーラーがなく、かといってガラス戸を開けて寝るとセミがうるさい為寝不足となり、これが逆ホームシックに陥らせることになったしまいました。
既に母は仕事に行ってしまい、いい加減実家の合鍵を作ろうと思って、交番に電話。
沖縄の警察なんてなぁのん気なもんで、10コール目くらいにやっと電話を取った。
近くに合鍵を作ってくれるお店はないかと尋ねると、「ちょっとわからんやっさー」。
おいおい・・・。
何とか警察の方の心当たりを聞きだして歩き出す。
朝ご飯は昨晩のジャンクフードの残り。

教えていただいたお店に行ってみると、今は合鍵サービスはやってないさーと断られてしまうが、「もう少し行くとメイクマンがありますよー」と教えていただき、私も「そういえばっ!!」と思い出し、その店を出てメイクマン探し。
因みにメイクマンとは、沖縄でも有数のホームセンターの事です。

記憶を頼りにメイクマンを探すが見つからない・・・。
後で知ったのだが、どうやら移転したらしい。
ジリジリと太陽が照りつける中、あるけどあるけど見つからず、とうとう沖縄市に着いてしまった。
でも、ちょうど「サンキュー」というホームセンターがあったので、やっとこさ鍵を作る。
これで、母の事を気にせず、お出掛けが出来るってなもんだいっ!!

そこからバスで具志川バスターミナルまで行き、宇堅ビーチへ。
バスターミナルの近くには、私がかつて通学していた高校があるのだが、建て直してあるので、あまりなつかしさは感じられなかった。
ビーチに行く道はよくわからないのだが、とりあえず歩いてみる。
途中、さとうきび畑や、古民家があり「これはガイドブックには載らない沖縄だねっ!!」と彼氏は大はしゃぎ。

とりあえずビーチに到着。
宇堅ビーチなんて、観光客はまず行かないであろうビーチである。
最近整備されたという話を聞いて、半信半疑だったのだが、見てビックリ。
ド田舎具志川とは思えないくらいキレイ。
まだ工事中ということなのだが、屋根つきのベンチもあるし、トイレもある。
夏休みに入っているせいか、家族連れが目立つ。
近くに基地があるので外国人も多い。
そして、何と言っても昼から既に飲んでいるオヤジが多い!!
彼氏がいかにもナイチャージラー(本土の人)なので、「どっから来たんですか?」と話し掛けられ、「これは沖縄の水よー」と言ってビールをご馳走になる。
モチロンみんな方言で話す。
当然彼氏はわからない。
おじさんと彼氏の間で、ちょっとした通訳者気分だ。

オジサン達から離れ、彼は泳ぎに、私はその辺をウロウロ。
ちょっと大き目のデジカメを首からぶら下げていたため、「アンタはプロですか?先生ですか?」とまた酔っ払ったオジサンが話し掛けてきた。
そうとう泥酔状態のオジサン、そのうち仕事仲間の人がやって来て、首根っこ捕まえられて帰っていった。
仕事中に、しかも昼間に酔っ払っているなんて、久々の沖縄は凄すぎる・・・。

さすがに帰りは疲れていたのでタクシーで帰る。
家の近くの具志川そばで遅めの昼食。
ゆしどうふ定食を食す。

ゆしどうふ・・・。
私の好物の一つで、沖縄に帰れば必ず食べる。
沖縄ではスーパーなどで安いのだが、東京だと高いし、新鮮じゃなさそうだからあまり食べない。
こちらの定食も美味なりよ♪

続く。
a0004725_8513224.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-06 16:30 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 番外編

沖縄の人の本音が聞きたい

re_projectさんの「泡瀬干潟」からのトラックバックです。
干潟埋め立て問題、私も気になっていたので沖縄に住んでいる友達に聞いてみました。
埋め立てるのが決まってから色々調査したところ、希少生物が次々と発見され、それならばと反対派が立ち上がったというのが実状のようです。
それで、埋立地はどのように活用するのかというと、地域振興の為にショッピングできたりするようなところを作るのか、観光客誘致の為にアミューズメント施設を作るのか、その辺はまだわからないのだとか。
友達が知らないだけかも知れませんが・・・。

確かに、人やお金の流れは西海岸(北谷や恩納村)ばかりで、東海岸は特に何もない。
それに加えて、ここ数年の沖縄市界隈の廃れていく現状を見ていると、「埋立地で地域復興を」という気持ちもよくわかる。
かつて私もゴヤでROCKに浸りまくっていた人間ですもの。
でも、そんな安直な気持ちで地域復興を図ったとしても、必ずやどこかで行きづまる。
そうなった時の代償は計り知れない、と私は思います。

で、肝心の私は泡瀬干潟がどこにあるのかイマイチよくわかりません(^^;
地元の人間は自然に疎いんです・・・、いつもすぐそこにあるものですから・・・。
[PR]
by tabalog | 2004-08-06 13:05 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その3

初日の那覇の話をもう一つ。

もうそろそろ帰ろうとした頃に、パレット久茂地の前でプチ・エイサー大会みたいな催し物をやっていたので、しばし見物。
すると、私が育った場所、具志川市字具志川のエイサーをやるというではないかっ!!
なんという偶然!!
私が若い頃は青年会なんて寂しいものだったのに、最近の若者は偉いなー、と感心。

で、やっとこさ実家に帰ったはいいが、母がいないっ!!
つまり、家に入れないっ!!
田舎なんで辺りは真っ暗。
とりあえず周りをウロウロしていたら、母発見!!
私たちをもてなそうと、近くのスーパー「サンエー」で買い物をしていたらしいのだが・・・。
その夕飯がハンバーグやら、たこ焼きやらで、思いっきりジャンクフード系。
若い人はきっとこういう食べ物が好きなんだろうな、という配慮だったらしいのだが、私も彼氏も、もっと沖縄沖縄したものが食べたかったので、母には大変申し訳ないのだが、少々がっかり。

続く。
a0004725_8461737.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-05 12:59 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その2

国際通りを歩いていくと、牧志公設市場に着きましたが、日曜日のためか活気がなく人もまばら。
牧志駅近くの公園でエイサーの練習をしている若者たちを発見。
写真を撮っている外国人がいたので、彼らに混じって写真を撮っていました。

エイサーというのは、沖縄独特の踊りで、主に各地の青年会の若者がやっています。
かつては、新築の家や、商売をやっている家などを廻って、魔よけみたいな感じでやっていたようです。
最近は縁起物というより催し物という感じで、旧盆になると各地で見かけます。
有名なところでは、園田地区青年会、赤野地区青年会、平敷屋地区青年会のエイサーがありまして、彼らの地区には本島各地から見物人が多くやってきます。

続いて、首里城へ。
世界遺産にも登録されている首里城ですが、城壁以外は殆どレプリカ(先の大戦で全て焼き尽くされてしまったらしい)のため、ちょっと期待はずれ。
どっからどうみてもホモセクシャルっぽい男性二人を発見し、どちらかと言えば、彼らの方が気になってしまった。

あっ、そうそうお昼は「大東そば」というお店で食べました。
ここは本来の「すば」である木灰そばを出してくれるお店。
私も本格的な手打ち木灰そばを食べるのは初めてでしたが、かつてないほど美味い。
ソーキもむちゃくちゃ美味くて、知らず知らずのうちに全部平らげてしまっていて、カラの器を見て泣きそうになってしまいました。

そんなこんなの那覇観光の後、具志川の我が実家にバスで1時間以上かけて向かいます。

続く。
a0004725_8432691.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-03 13:01 | 沖縄旅日記

沖縄旅日記 その1

旅っていうか、実家に帰っただけなんですけど、今回は彼氏同行のため、普段地元の人間が行かないようなところもいったんで、なかなか面白かったです。

まず、最近の搭乗手続きの複雑さにビックリ。
朝9時50分発の飛行機に乗るため早起きしたのですが、どうにもこうにもおなかがすいていたので、地元の駅前の吉牛で朝定食べていたら、ギリギリの時間に空港に到着。
「まだ20分前じゃん、余裕余裕」なんて言ってたら、今は早く搭乗手続きを済まさなければいけないらしく、結局大慌て。
今回はクラスJという、普通の席に千円プラスすると乗れるちょっとだけゴージャスなシートに乗ってみた。
が、所詮千円足したくらいの席なので、まぁ凄いゴージャスかっていうとそうでもない。
ビールがただでもらえるのと、イヤホンがフツーなのが良かった。
飛行機のイヤホンすると、耳が痛くてしょうがないのが解消されたのは嬉しいところ。
行きも帰りもクラスJで、飛行機嫌いも難なくクリア。

ウチの母が仕事終えて帰ってくるのが4時のため、それまで実家に入ることが出来ない。
那覇空港に到着したのが1時ごろなので何気にヒマ。
地元の人間はあまり国際通りなんて行かないので、私も殆ど行った事がない。
時間もあるし、ちょっと観光客気分で那覇をウロウロ。
はじめてゆいレールにも乗ったし、首里城にも行ったし、牧志公設市場にも行きました。
ゆいレールは、地元の友達から「全然乗客がいない」と聞かされていたけれど、そんなことはない。
観光シーズンのせいか、結構混んでいた。
一日乗車券(800円)を買って、那覇空港から県庁前まで移動。
県庁前のデパート、パレット久茂地のコインロッカーに荷物を預け、いざ国際通りへ。

続く。
a0004725_8403339.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-08-02 13:02 | 沖縄旅日記

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧