カテゴリ:映画( 140 )

キル・ビルvol.2

1より絶対面白い!!
1はちょっと出血のシーンが多くて嫌だったけど、2は爽快アクションがてんこもり。
特にお気に入りはダリル・ハンナとの戦い。
ぱつきんねぇちゃん対ぱつきんねぇちゃんの壮絶バトルッ!!
二人ともかっこよすぎますっ!!
見終わった後は、すっきりした気分になりました。
クエンティンありがとう!!
[PR]
by tabalog | 2004-05-25 14:18 | 映画

みなさん、さようなら

この作品は今月の映画の日に観に行きました。
たそがれ清兵衛」を抑え、アカデミー賞外国映画賞を受賞した作品です。
カナダ映画です。フランス語圏です。
頑固で色魔な親父が癌に冒され、それまで仲違いしていた息子を中心に家族、かつての愛人、友人たちと心を分かち合い、やがて死を迎える、というストーリー。
主人公の方は、本業が役者ではなくコメディアンなのだそうで、その風貌から「コメディアン界のブラピ」と呼ばれているとか。
素直に笑えて、泣ける映画です。
このすっとこどっこいな親父を取り囲む、友人たちの会話が実にインテリジェンスでかっこいい。
ちょうどその頃福田和也の「悪の読書術」を読んでいたので、それに通じるものがありました。
[PR]
by tabalog | 2004-05-25 14:07 | 映画

パンチ・ドランク・ラブ

劇場が恵比寿だったので、足を運ぶのが面倒だった作品。
最近やっとこさDVDにて拝見。
ところどころに監督のセンスが覗える。
最初のタイトル・バックにしかり、最後のエンド・ロールにしかり。
おー、前述の「コールド・マウンテン」にも出演していたフィリップ・シーモア・ホフマンはこちらにも出演しておりました。
1ヶ月の間に2回も彼に出会うとは、至福じゃ、フォフォフォ。
日本ではイマイチ不人気なアダム・サンドラーですが、この作品での彼がキレる演技は秀逸です。
面白いし、切実感がとてもよく表れております。
ただ、エミリー・ワトソンがヒロインてのはなんだかビミョ~。
どうも彼女の魅力はわかりかねる。

ちなみに、この主人公、自分に似てると思う。
自分の恥ずかしいところを必死に隠すところとか、嫌な現実から今一歩抜け出せずにいるところとか。

あ~、でもあんなおかしなスーツは着ない(笑
[PR]
by tabalog | 2004-05-24 16:49 | 映画

キャシー・ベイツはやはり名女優なのだ。byアバウト・シュミット

最近DVDで観たので。
この映画のキャシー・ベイツは本当にいいよね。
友達のお母さんによく似ている人がいて、何から何まであけっぴろげなんだよね。
小学生の私にエロトークなんかしちゃう人。
金持ち喧嘩せず、というのもいいけど、喧嘩しまくってもいいじゃない、お互いにストレスさえ溜めなければ。
なんて思った。
これから、この映画の主人公のような境遇に合う日本人てかなり多いと思うんで、色んな年代の人が観るといいなぁ。
[PR]
by tabalog | 2004-05-24 15:32 | 映画

キャシー・ベイツじゃなくてヨカタネbyコールド・マウンテン

あれっ?コールド・マウンテンてナカグロつくっけ?
まぁ、いいかぁ。
なかなか、映画らしい映画で良かったんじゃないかと思う。
しかし、ジュード・ロウはついつい口がポカーンと開いちゃうくらいいい男だよね。
目はパチクリしてるし、まつげは長いし、胸毛はケ・ケ・ケ・ケ・ケダームだし、なのに・・・、だからというべきか・・・、禿なんだよね~。
天はニ物を与えず、というべきか。
ニコール・キッドマンとのお色気シーンでは旨い具合に隠れていて、ホッとしましたわ。
しかし、ニコール・キッドマンは、ホントお美しいですな。
レニー・ゼルウィガー同様、適役だったと思う。
で、観ながら思ったんだけど、ぶっちゃけニコール・キッドマンだから命がけで故郷に戻るけど、アレがキャシー・ベイツばりのぶちゃいくだったら多分あんなにがんばらねぇーよなー、と。
美人は偉大なり。

それと、最後にジュード・ロウを撃った金髪のカッコメンが気になりまする~。
ミーハー、青田買いTABAの旅はまだまだ続く・・・。
[PR]
by tabalog | 2004-05-24 15:23 | 映画

ディボース・ショウ

a0004725_10556.jpg
コーエン兄弟の新作という期待が大きすぎで、ちょっと空振りしちゃいました。
すっかり「オー!ブラザー!」級のオバカコメディーなのかと思っておりましたら、そこまでオバカではなかったですね。
しかし、キャサリン・ゼタ=ジョーンズはだんだんオデブちゃんになっていくなぁ。
それでもお美しいけれど。
私はビリー・ボブ・ソーントンのばかな感じがお気に入りだったわ♪
あのオヤジ、なんかほっとけないよな~。
やたら眼光鋭いんだけど、どこかふぬけな感じがする。
周りのお客も全然笑ってなかったなぁ。
[PR]
by tabalog | 2004-04-19 10:07 | 映画

エレファント

ぶっちゃけストーリーはどうでもよかったんですよ。
蒼いツバメ好きの私としては、主人公の男の子が果たして大成しそうなのかどうなのかを確かめたかっただけなのです。
で、やっぱりどうでもよかったなと(笑
でも、よくできてるなとは思いましたけど。
映像が綺麗でしたね。
白鳥の湖と月光がとても効果的に使われていました。
月光聴くと泣けてくるんですよね。
名曲です。
[PR]
by tabalog | 2004-04-02 15:29 | 映画

花とアリス

ちょっと前に見たんですけど、感想書くの忘れてたんで。
今年観た映画の中で一番良かったかもな~。
十代の女の子の爽快な自己中心恋愛が良く描かれていて、「あ~、そういえば自分もこんな事があったな~」なんて過去の自分と重ねてみたり。
私は花派ですかな(笑

見終わった後には涙が溢れてしょうがなかった。
いい映画に出会ったな~、っていう幸せの涙と、学生時代への喪失感。
もう戻れないんだな~、っていうね。どう表現すればいいんだろうなぁ。
う~ん、難しいことはまぁいいや。
とにかく良かったって事で(笑
[PR]
by tabalog | 2004-04-02 15:22 | 映画

イノセンス

アニメ嫌い。
アニおた嫌い。
なので、この作品もまぁ~ったく良さがわからない(T_T)
「鏡に己の顔をうつしてなんちゃらかんちゃら・・・なり、か」とかいちいち哲学っぽいというか、古臭くかつ遠まわしなセリフとかもダメ。
画面から放つもの全てが一方通行。
ちぃ~っとも心に響いてこない。
これって、狂信的な人(おたく)と話している状況と似ている。

好きな人は好きなんだろうけど、私とは合わない。それだけのこと。
あ~。。。でも、オープニングの映像は凄く綺麗でしたね。
[PR]
by tabalog | 2004-03-16 17:02 | 映画

ゼブラーマン

「白黒つけたぜェ~!!」

。。。というわけで、ゼブラーマンを観てきたのだ。
クドカンはやっぱり面白いなぁ~~~~!!
なんか、ことごとくツボに入ってしまい、誰も笑っていないところでもつい笑ってしまう。
しかも、しかも!!
あっ、ネタバレなのだが。。。ゼブラーマンが飛ぶシーンなんぞ思わず涙が出てきてしまった。
私の涙腺はやはり狂っているのか?

ゼブラーマンの衣裳といい、ラストシーンのCGといい、あのヘボさが何ともたまらんのだが、真面目な戦闘モノファンとかヒーローものファンとかアレを見ると「馬鹿にしている」と怒っちゃうもんなんですかね?
[PR]
by tabalog | 2004-03-02 09:13 | 映画


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧