カテゴリ:映画( 140 )

下妻物語

a0004725_1754518.jpg

公式HPはコチラ
TVで放送されていたのを録画したやつをやっと観た。
この映画は無茶苦茶良かった。
「嫌われ松子」と同じ監督なんだけど、どうやら私が「嫌われ松子」を嫌いなのは映画そのものの問題ではなく、物語云々の問題だけなのかもしれない。
やっぱりファンタジーはファンタジーでかわいくなくちゃだわ!!
何しろふかきょんと土屋アンナがかわいい!!
かわいすぎる!!
ふかきょんが映画の中で着ている「BABY,THE STARS SHINE BRIGHT」のお洋服なんてふかきょん以外の人間が着たら犯罪に近いんじゃないか?っていうくらいかわいすぎる。
生まれ変わるならふかきょんだな。
今マジでそう思う。
女の子同士の友情を描く映画というと私の中では「花とアリス」がぶっちぎりで一番なんだけど、「下妻物語」もなかなかあなどれない。
[PR]
by tabalog | 2006-07-23 17:19 | 映画

カーズ

a0004725_16535563.jpg

公式HPはコチラ
あまりの眠さに耐えかねて最初の30分くらい完全爆睡してしまって、気がついたらアニメの車が喋ったり走ったりしてた。
映画観終わった後に知ったんだけど、主人公(主車公?)の声をオーウェン・ウィルソンがやっていたそうで・・・、あー!!本物のオーウェンちゃんが観たい!!
昨日また「ズーランダー」観たので(自分でもよく飽きないなぁと思う)またオーウェンちゃん&ベン・スティーラーコンビ熱が再燃。
どうか私にリアルオーウェンちゃんをー!!(T_T)

で、肝心のカーズはフツーに面白い。
可もなく不可もなく、いたってフツー。
[PR]
by tabalog | 2006-07-23 17:00 | 映画

恋の門

a0004725_16473473.jpg

公式HPはコチラ
ずい~ぶん前にDVD借りて見た。
面白いんだけど、あんまり好きになれる面白さではない。
アニメ的な面白さってどうも拒絶反応を起こしてしまう。
酒井若菜は凄くかわいかった。
彼女なしではこの映画は無理だったかも。
[PR]
by tabalog | 2006-07-23 16:51 | 映画

嫌われ松子の一生

a0004725_18522261.jpg

公式HPはコチラ

う~む。

う~む・・・。

・・・、正直に言いましょう。

嫌いです。

全然ダメです。

観ている最中から嫌悪感丸出しで、どうにかいいところはないものかと探すのに夢中で、実際ボニー・ピンクの登場するシーンや、AIが登場するミュージカルっぽいシーンは実に見事で「おっ!いけるのでは?」と思ったとたんにまた嫌悪感に引き戻される。
その気持ちのふり幅がでかくて、嫌悪感は増幅されていくばかり。

だいたい「不幸なお話を面白おかしく描くのって面白くない?」みたいな策略が丸見えなんだよっ!!
そのてにのるかっつーの。
面白けりゃグロテスクなのもありなのか?
クドカンが電車に引かれて自殺するシーンの腕なんか「腕転がしとくと面白くない?」みたいな現場がチラチラしてどうしようもない。
面白ければなんでもあり、みたいな風潮は怖いよ。
かっこよくも、面白くもない。
「人生なんてそんなもんじゃないか」「現実なんてそんなもんじゃないか」と問われても、そんな人生が観たくて映画を観るわけでもないし、そんな現実がみたくて映画を観るわけでもないんだよね。

よく通販なんかで「購入後効果が現れない場合は返金いたします」なんてのがあるけど、映画でもし可能ならば即刻申し出るね。
でも一番大事なのはお金より時間。
結構並んだのでその時間も含め返して欲しいね。

ここまで文句たれておきながらちょっと思い出したんだけど、松子の親友役の人、スッゲー良かった。
この映画のめっけもんはこれぐらいだ。
あと、中谷美紀と柴咲コウは本当にそっくりだということがわかりました。


ちなみに私は危うく「松子」と名づけられるところだったらしいです。
[PR]
by tabalog | 2006-06-28 19:14 | 映画

ロシアン・ドールズ

a0004725_1844381.jpg

公式HPはコチラ

「スパニッシュ・アパートメント」の続編ということで。
と言いつつ、「スパニッシュ・アパートメント」観てないんだけど。
観ていれば面白かったのかしら?
ただのわがままちゃんな男の恋愛映画にしか見えなかったわ。
完全に予告と前売り券のおまけのコットンバッグにだまされた。

だいたいさ~、あの主人公の男がモテモテなのが解せん。
まったくもってのブサイクじゃないですか~!?
でもレズビアンのイザベル役の女優さんはかっこよかったわ~。
そのケはないけど、ちょっとああいうおねいさんには弱い。
ベリーショートの女性にも弱い。
それとスーパーモデル役の人は、本当にスーパーモデルなんでしょうか?
めっちゃきれいでしたわ~。

でも物語はおもしくない!!
[PR]
by tabalog | 2006-06-28 18:48 | 映画

天国の口、終わりの楽園

公式HPはコチラ

BSで放送していたのを観ました。
「そういえばガエル・ガルシア・ベルナルの映画を一度も観た事がないな~。
美青年好きとしてはチェックせねばなるまいな。」と思いましてね。

で、当のガエル・ガルシア・ベルナルはというと・・・、かっこよかったっす(*^^)v
夢中になるほどでもないけれど、ウム、いい男であった。

なんてことはない青春映画。
映画の大半はセックスしてるバカみたいな映画。
でも若い頃なんてそんなもんだ。
主人公の男の子二人の会話が性欲に駆られたバカって感じでとにかく笑えた、私は。
このての会話がダメな人は、この映画はきっとダメだと思う。

物語の結末は意外な展開で、ちょっと寂しいけれど、青春は青春、人生は人生という世界観は取ってつけたような感じもしなくもないが、私は好感が持てた。

まぁ、なにしろガエル・ガルシア・ベルナルの裸が裸祭りって事で。
[PR]
by tabalog | 2006-06-28 18:38 | 映画

スーパーサイズ・ミー

a0004725_18251959.jpg

気まぐれでレンタル。
しかも最後の方で寝てしまったので結末は知らないんだけど、途中経過を見る限り「マックは身体に悪い」で終わるんだろう。
マクドナルドの食事だけで、しかもスーパーサイズを勧められればそれを食べなければならない、ということが大前提で、それだけが先行イメージとして焼きついているのだけど、実は運動らしい運動をしてはいけない、つまりジャンクフードを食べている米国民を忠実に再現しようとしているっていうのが実はミソなんだと思うんだよね。
「マックは身体に悪い」という結果論が最初にあってやっているような実験なんだけど、運動すればどうなんだろう、とか、被験者の監督は年なので、もっと新陳代謝の活発な若者がやるとどうなんだろう、とか、そこまで踏み込めていないのは正直言っていただけない。
だって、「マックが身体に悪い」なんてのは言わずもがななことであって、今更大義名分のように主張されても「だからなんなんだ?」って気になっちゃう。
それともアメリカ人は気付いていないのか(^_^;)
一番ぞっとしたのはスクールのカフェテリアの食事だよね。
前になんかの本でもアメリカ人の子ども達の持参するお弁当はスナック菓子や、パンとコーラみたいなもんで、そんな彼らからみると日本人のお弁当はちょっと異質というか、やりすぎな感じもする、みたいな事を読んだ覚えがあるんだけど、本当にアメリカ人のお弁当はジャンクフードばっかりなのね。
しかも学校でも大人の利益の為にそんなのばっかり売ってるなんて、ちょっとひどい。
ちなみにクリントン元大統領の呼びかけで全米の公立小学校から高校まで砂糖入りソーダ飲料と高脂肪乳の販売が禁止されるらしいです。
[PR]
by tabalog | 2006-06-28 18:30 | 映画

ポーリーヌ

a0004725_1657356.jpg

公式HPはコチラ

そういえばほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレと同じ日に観たんだよな、コレ。
つまり私は一日で「ちょっと普通でない姉妹の世話をやく姉妹」の映画を二本も観たということになるんだな。
これは何かを示唆しているのか?
でもワシ姉妹いないし。
まぁいいか。

こっちは障害を持った姉の世話をやく妹との絆を描いた話。
ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレよりメルヘンチックです。
ベルギー映画らしいです。
最初は姉の世話が嫌な妹なのですが、徐々に心を開いていく様がとてもよく描けています。
そしてこの姉がとてもいい味をだしていて、この手の映画にありがちな悲壮感を打ち消し、メルヘンに仕上げてします。
実に楽しそうに花に水をやる少女の心を持つポーリーヌの姿はちょっと笑えます。
[PR]
by tabalog | 2006-05-17 17:09 | 映画

ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ

TVで放送していたのを観ました。

天才チェロ奏者ジャクリーヌ・デュ・プレと、彼女を支える姉の話です。
公開当時は愛に飢えるジャクリーヌが自身の姉の旦那さんとセックスをさせて欲しいと頼む、みたいな衝撃的な内容が話題だったような覚えがあります。
ずっと気になってて、今回テレビで放送していたのを観たわけなんだけど・・・ダメでしたね。
ジャクリーヌのわがままっぷりがどうにもこうにも我慢ならない。
「こんな女周りにいたらやだなぁ~」ってずっとストレス溜まりっぱなしだった。
それだけエミリー・ワトソンの演技が上手いといえばそうなんだろうけど。
そのエミリー・ワトソンもブスの威信をかけて熱演してます、だってブスなんですもの、演技くらい上手くなきゃって感じがありありで・・・ちょっと高圧的、食傷気味でゲップが出そう。

正直言って頑張るブス観るくらいなら、KAT-TUN観ます(←またそっち!?)
[PR]
by tabalog | 2006-05-17 16:53 | 映画

ニューワールド

a0004725_1617367.jpg

公式HPはコチラ

彼がテレンス・マリック監督が好きということで無理やり連れて行かれた感じで観に行ったわけなんだけど、この映画めちゃくちゃ良かった!!
もしかしたら今年観た中で一番かも。
久しぶりに大号泣した。
映画終わって、慌ててトイレに駆け込んだけど、拭っても拭っても涙が溢れてきて大変でした。
こんな映画は久しぶりだわ、本当に。

それとこういう映画を観て涙を流せる自分にもびっくりした。
「ああ、私の感性はまだ鈍っていないのね」って。

ストーリー云々ではなくて、音楽や映像がもうとにかく素晴らしい。
その素晴らしさたるや、美しさたるや筆舌に尽くしがたい。

コリン・ファレルもただの暴れん坊セレブだと思っていたんだけど、なかなかやるじゃない。
かなり株が上がった。
よくもまぁこんな作品に出てくれたもんだと感謝さえしてしまう。

一方のクリスチャン・ベイルには思い出があるのよね。
昔から青田買いの大好きな私と周りの友達は「太陽の帝国」に出演していたクリスチャン・ベイルを勝手に「クリベー」と名づけ、キャーキャーワーワー言ってたものです。
それがこんなにかっこいい大人の男性になってスクリーンに帰ってきたもんだから、感慨深いものがありますわ。

絶対劇場で観ることをお勧めいたします!!
[PR]
by tabalog | 2006-05-17 16:33 | 映画

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧