<   2004年 10月 ( 16 )   > この月の画像一覧

男たちへ/塩野七生

a0004725_1152678.jpg

なんで女性の私がこの本を読んだのかちょっと不思議なんですが・・・。
とにかく、面白かったです!!
男性のみならず、女性にもオススメですよ。
男の見る目がちょっと上がるような気がします。
塩野さんの男性論について色々語っているわけなのですが、これが私の持論と似ていて、よくぞ言語化してくれました!!といった感じ。
しかも、お上品なのでアッパーな気分になれることうけあい。

この人のおちゃめだなぁと思うところは、何かしらにつけ、セックスに結びついてしまう事。
例えば、彼女の嫌いな男性像として、分厚い漫画本を電車の中で読んでいる人、というのがありまして、それまではいいのですが彼女は更に想像しつづけ「だって漫画しか読まないような素養のない男とセックスなんかしたらグギーーーー!!とか、ガガーーー!!とかうるさそう」とまで言っている。
なにもセックスしなくても・・・、つーか、する機会ないでしょう・・・。
私も電車の中で漫画読んでるサラリーマン嫌いですし(ガキならまだ許せる)、さらにこの後出てくるロリコンの男が嫌いというのもうなずける。
一個人としての趣味としてならいいのですが、これがメインストリームになるのはどうかと思う。

そんなわけで、今は続編「再び、男たちへ」を読んでいるのですが、こっちはより経済、政治、歴史的な話です。
私は前作のほうが面白いかな?
[PR]
by tabalog | 2004-10-29 12:43 |

なんだか凄いモーヲタ発見!!

昨日の朝の電車で、隣りに座った女の子が凄かったんですよ!!
ウォークマンをしている私にも聞こえるくらいの音量で、モームスを聴いているのです。!!
し、しかも、彼女のカバンの中から、次から次へと出るわ出るわ、モームスグッズがっ!!
テレビジョンなんて、中を読む事無く表紙だけをず~~~~~っっと見てる・・・。
学生だと思うんだけど、制服ではなかった。
しかも、しきりに帽子をかぶったり、とったり、髪の毛を直したり、なんとなく人の目を気にしているっぽかった。
今更ながら、実はメンバーだったのではないか?・・・、とも思う。
テレビのどっきりみたいな。
果たして、一般人はメンバーに気付くのか?みたいな。
その時は、テレビに出るな、ワシ・・・。
[PR]
by tabalog | 2004-10-28 17:00 | 最近の出来事

アメリ

第11回トラバンケートテーマ「あなたがおしゃれだと思った映画」

a0004725_16433284.jpg


ずばりアメリでしょう!!
主人公のアメリのファッションもさることながら、注目したいのはなんといっても、彼女の部屋!!
真っ赤な壁に、ポップなキッチン、何度マネをしたいかと思った事か・・・。
寝室のライトもブタの形をしていてチョ~かわいいっ!!
あれっ?確かブタ、だったような、気がしゅる・・・。

映画を見ると、服装云々よりも、やっぱりインテリアに目がいってしまいますね。
[PR]
by tabalog | 2004-10-28 16:48 | 映画

鹿島本田が猛省「サポーターに謝りたい」

鹿島本田が猛省「サポーターに謝りたい」

私はサッカーは好きなんですが、日本、海外ともにひいきのクラブチームがありません。
故に、負けてそこまで激怒するサポーターの気持ちはわかりません。
以前、鹿島戦を見に行った時に、鹿島が負けてしまい、選手がサポーターのところにきて挨拶している時、拍手して健闘を称えるサポーターが多い中、怒号の如く「何で負けてんのに拍手なんかするんだよっ!!」と言っている人がいました。
いました、というか、その日たまたま一緒に見に行った知り合いの、知り合いなんですが・・・。

本気でそう思っているのかしら・・・?

私はその時そう思いました。
俺は他のサポとは違うんだよ、サッカー詳しいんだよ、とでも言いたげな、その自己顕示欲の強そうな態度に嫌気がしました。

人それぞれではありますが、何故そこまで怒るんだろう?
別に明日からの生活に支障をきたすわけではあるまいし。
ただのストレス発散なんじゃないの?
お祭り騒ぎしたいだけなんじゃないの?
そんな嫌疑の目で見てしまいます。

しかし、この本田の写真は・・・。

a0004725_12552882.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-10-26 12:56 | サッカー

2046

公開初日に吉祥寺で見ました。
吉祥寺で見たのがいけなかったんでしょうか・・・、映画館ガラガラでした。
公開初日なのに、しかも、そんなに大きくない映画館なのに・・・、あんなに宣伝うっているのにも関わらずこんな状態とは、興行成績が懸念されます。

で、内容はというと、まぁ、正直言ってどうでもいいかな?って感じ(^^;
花様年華の続きのような作りになっているのですが、関連性は薄いので、わざわざ花様年華を観てから2046を観に行くという事はなさそうです。
要するに、トニー・レオン扮するプレイボーイが本当の愛を求める、しかしうまくはいかない、というお話なんですが・・・、どうにもこうにもトニー・レオンに感情移入できないのが難点。
愛する人が近づくとつっぱねてしまう、しかし、その人が必要だと思った時には遅すぎてダメになってしまう。
一見不器用な男を演じているようでありながら、ただ単にちゃらんぽらんなだけじゃん。
自分に好意を持ってくれている人にそんな風にしていたら、そりゃあアンタ幸せにはなれんさ、って感じ。

そして、やはり注目はトニー・レオンの分身として彼自身が書いている小説2046の主人公、木村拓哉なんですが、まぁ、私ジャニヲタなんで、かっこい~~!!よだれもんだね、フフフ。だめね~、わたし。
しかし、更にダメ出しなんですけど、現実と小説の世界があまりにもアンバランスで見ていられない。
もっとSFライクにするか、どうせなら現実とそう変わらない時代設定の小説を書くか、どっちかにした方がよかったのでは?
しかにもとって付けたような感じで、とても違和感があります。

今回の映画を見てコン・リーは山口百恵に似ているなぁ、と思ったのは私だけでしょうか?
[PR]
by tabalog | 2004-10-26 11:26 | 映画

珈琲時光

先週の日曜日に新宿のタカシマヤタイムズスクエアで観てきました。
公開終了間近なのにもかかわらず、お客さん結構いました。

まったく下調べなしで観に行きました。
外国の監督が小津安二郎へのオマージュとして作った作品らしいです。
舞台も日本、しかも神田神保町、御茶ノ水界隈、主演は一青窈と、浅野忠信です。

自由奔放に生きる一青窈に、ちょっと内気な浅野忠信が恋心を抱く、というストーリーらしいのですが、正直言って見ている間はそんな事全くわかりませんでした。
そんなわけで、ゆっくりと時間が流れていく、ということを通り越して、ちょっと退屈でしたね。
しかし、一青窈も、浅野忠信も演技が上手いですね。
特に一青窈に関してはビックリです。
それと、彼女ガリガリですね。それにもビックリ。
[PR]
by tabalog | 2004-10-22 17:00 | 映画

肉じゃがを作ってみたなり♪

日曜日に「珈琲時光」という映画を観に行ったら、肉じゃがが食べたくなりました。
そんなわけで早速作ってみた次第です。

我ながら、なかなか美味そうだ(*^_^*)
家庭料理の定番、肉じゃがですが、私の作り方はチョ~簡単です。
フライパンでたまねぎ炒めて、牛肉炒めて、しょうゆ:みりん:砂糖を入れて、じゃがいもと、じゃがいもが半分くらい浸る程度のお水を入れて蓋するだけ。
ポイントは全部の工程を強火でやることくらい。
ほれほれ、ちょ~カンタン。
皆様も一度お試しあれ♪
a0004725_1302848.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-10-20 13:00 | グルメ・クッキング

またもや山に行ってきました♪

先週の土曜日、またまた奥多摩に行ってまいりました。
今回は曇り空で、家を出るのも遅かったので、「むかし道」というルートを辿ってみました。

このルートはよく行くカレー屋さんから教えていただいたルートで、昔の青梅街道だという事です。
民家の庭先とか普通に通るので、ちょっと気恥ずかしい感じです。
洗濯物なんか干してあるし・・・。
紅葉も少しですが始まっていまして、これからのシーズンにちょうどいいのではないかと思います。
道幅は狭いですが、そんなにきつくはないです。
私は奥多摩駅から奥多摩湖方面を目指して歩いていったのですが、もしかしたら逆のルートのほうがいいのかも知れません。

途中に奥多摩に関する豆知識が書いてある看板があるのですが、その中に、女性が自分の恋の成就を願って、二股大根をお供えしたという話がありました。

二股大根て、つまり・・・。
う~ん、かる~くエロスですね・・・(>_<)
a0004725_1253015.jpg

[PR]
by tabalog | 2004-10-20 12:53 | 最近の出来事

モンスター

先週の日曜日に渋谷のシネマライズに観に行きました。
シネマライズは日曜日の最終回は1000円で見られるので、翌日お休みという事もあり、大盛況でした。
で、今の今まで感想が遅れてしまったのは、やはりとても考えさせられるものがあったからです。
シャーリーズ・セロンが太ったり、特殊メイクを施したりして役作りに挑み、アカデミー賞を受賞した事とか、物語がとてもショッキングだとか、そういう事は超越した、とても悲しい愛の物語です。
人は生きていく上で、とても欲しい何かが出てきたときに、過ちを犯してしまいがちです。
人の恋人をとったりだとか、地位や名声が欲しくて法を犯してしまったりだとか。
ところが、彼女が愛を得るには、殺すしかなかった。
あの場面を見て「殺人なんてひどい」なんていうヤツは、軽い人間だよな、とさえ私は思ってしまう。
きっと、彼女は誰かの愛が欲しくなったと同時に、良い方向であれ、悪い方向であれ、自分の現状を何らかの形で打破したかったんだと思う。
少なくとも私には彼女の気持ちがわかる。
殺したりはしないけれども。
[PR]
by tabalog | 2004-10-18 15:48 | 映画

新・月9

とはいっても、織田裕二のドラマではございません。

ケーブルテレビで「このこ誰の子?」が始まったのです!!
ちなみに「このこ誰の子?」とは、私が中学生のときに放送していたいわゆる「大映ドラマ」で、主演の杉浦幸演じる葵の、ドラマ冒頭のナレーションでいうところの「一人の少女の壮絶な愛とロマン」なんです。

いやぁ、今見ると突込みどころが多すぎるっ!!
ヘタに笑っていると次のセリフを聞き逃してしまうから、笑いを堪えるのにも大変。

いやはやしかし、今見ても朝比奈拓也役の保阪尚輝はかっこいいっ!!
当時、宗次郎役の岡本健一人気を尻目に私は「絶対拓也だわっ」と思っていたものだ。

でも、年のせいか、あんまりストーリーが思い出せないのよね~。
これからが楽しみですわん♪
[PR]
by tabalog | 2004-10-14 15:37 | お笑い

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧