<   2005年 07月 ( 18 )   > この月の画像一覧

久しぶりの更新

今物件探しの最中でして毎日てんてこまっております。
8月末には部屋を出なきゃならないのに、まだ何も決まっていなくて焦っております。
参ったな~。
平日に家の心配したってどう動けるわけでもないのに、逆に動けないからこそ意味なく焦ってイライラしてしまう。
スーパー悪循環です。
[PR]
by tabalog | 2005-07-27 12:46 | 最近の出来事

寄り道して考える/養老 孟司 森 毅

お二人の対談というか、エッセイ交換みたいな感じの本です。
って、なんじゃそりゃ?って自分でも思っちゃったんですけど、割と軽く読めるのでオススメです。
森さんのパーソナリティーは立花隆の東大ゼミの本でだいたいわかるし、養老さんは露出が高いので二人とも馴染み深いです。
それもあってどんどん読み進めていっちゃうのかも。

読んでどうしても書いておきたかった事が2つあったので、とりあえず。

一つ目は教科書問題。

お二人と私はまったくの同意見だったんで、「よくぞ言ってくれた」って感じだったんですけど、そもそも教科書の内容が全て正しいと思うことのほうが私は怖いことだなって思うんですよ。
教科書という本もありつつ、それを足がかりにして更に見聞を深めるために、他の本も読んでみよう、とか、ネットで調べてみよう、とか、与えられた1つだけの事実だけを真実だとして受け止める教育こそがそもそも間違っているのではないかと思う。
でも、子どもたちにはそこまでの手段は持っていないだって?
それは子どもを馬鹿にしすぎだよ。
有名な家永裁判も元々は教科書の内容云々よりも、教科書を審査しようという事のようですし、最近駅前でチラシ配りに必死な教科書関連の皆さん、他にやることあるでしょうよ。

そして、もう一つは難しい事ではないんだけど、養老さんが見たこともないカミキリムシでも、一目でカミキリムシだとわかるし、種目などもわかっちゃう。
それは論理的な事ではなくて、一種の感なんだけど、それを理屈で語ることもないんじゃないかという話。
それを読んで思い出したのが、音楽の中でも特にロックが好きな人にはわかると思うんだけど、知らないバンドでも写真を見て、「こいつがボーカルで、コイツがギターで・・・」なんてだいたいわかるよね?
でも、それって理屈じゃないよね。
まっ、そんなしょうもないことを思い出してしまったわけです。
[PR]
by tabalog | 2005-07-22 12:58 |

「NANA」という漫画を読んでみたよ。

a0004725_1252154.jpg

今若い女の子たちの間で流行っているらしいじゃない?
別に流行りに乗っかる気はさらさらないのだが、何故流行るのかがちょっと気になったんで会社のコから借りて、今のところ出版されている12巻まで読んでみました。

もともと漫画は嫌いじゃないんだけど、自分ではまず買わない。
昔は漫画家にあこがれてたけど、でも、漫画に夢中になる大人はどうかと思う。
理解できないし、理解しようとも思わないし、更に言うと、正直おかしいんじゃないかとまで思う。
絵空事に時間と金をかけるその屈強なまでの執着心、気味が悪い。
アニメや漫画に対する私のスタンスはそんな感じ。

そんなわけで「NANA」はどうだったのかというと、まぁまぁ面白かった。
自分で買って読みたいとは思わないけれど、続きは気になるといった程度。
どっちかっていうと小説っぽいかなっていう気がした。
文章が結構多いし。
過去を振り返るような形で物語が進行していっているので、特にそう思えるのかも。
そういう漫画ってあんまりないよね。
それと、最近の漫画は絵が綺麗だねー。
これが一番感心した。
ストーリーが音楽ベースなんで小さい頃からあまり少女漫画を読み慣れない私でもすんなり入っていけました。

でも、ナナさんはシド・ビシャスが好きなのに何故ヴォーカリストなのだろー?
そもそもパンキッシュな女性ヴォーカルで上手いも下手もあんまり関係ないような・・・?
[PR]
by tabalog | 2005-07-19 12:59 |

踏まないでね♪

何だかおかしなトラックバックが増えているんですけれども・・・(T_T)

でも、これらのためにトラックバック不可にしてしまうのも癪なので、一応放置しておきますが、どうか、みなさん踏まないで下さいねm(__)m
[PR]
by tabalog | 2005-07-19 10:14 | 最近の出来事

ダース・ベイダーになりたいのねーーーん♪

最初に断っておきますが、お酒が入ってて今すんげぇ眠いんでとりあえず手短に。

遂に本日スターウォーズ観に行きましたよ。
人生初ナマスターウォーズですよ。

でもね、観に行く前に前作のTV放映を見たりとか、「ぴあ」で特集読んだりと化してだいたいの勉強はしていきました。

いやぁ、凄かったね。

あ~、そうそう、ちなみに何故スターウォーズ観ることになったのかというと、「50回目のファーストキス」の前売りを買っていたんで今日やっと見られるかと思いきや、上映期間が終わっていたから。
チキショー、この前売りどうしてくれよう・・・。

で、映画モードだったから、とにかくなんでもいいから映画が見たーい!!と思って、スターウォーズを観ることになったわけなんです。

で、いやぁ、凄かったねって話になるんですけど。
話が前後しているのは酔っ払っているからってコトで許してください。
多少の誤字、脱字も許してね。

10何年か前に観た「ターミネーター2」でさ、この手のSFXとかCGはもう尽くしたかな?なんて思っていたんだけど、いやいや、技術は更なる進化を遂げていたのね。
普段ハリウッド的なドンパチパニック映画にはまるで興味がないので、ますますビックリですよ。

まぁね、何しろスターウォーズをマトモに見たのは初めてだったもんだからわからないことだったもんだから、色々な疑問はとりあえずおいておくとして。
とにかく、最後のダース・ベイダー誕生の瞬間が私にはたまらないわけよ。
あの黒光りしたヒール・ヒーロー!!!!!
たまんねーーーーー!!
ああいう黒ずくめの悪ーい感じに私はとことん弱い!!
どうしようね、もう、マジで。
抱かれたい男№1だよ。
あっ、いや、それは嘘だけど。

そんなわけで映画終わってからずっとダース・ベイダーの音楽を

「にゃーにゃーにゃーにゃーにゃにゃーにゃーにゃにゃー♪」と口ずさんでいるわけなんだが・・・。、

でも、「身長150センチのダース・ベーダーはないだろー、むしろ、君のばあい、ヨーダって感じぢゃん?半目しか開いていないところとこさーっ」て言われてしまったよ。

そーいやー、ガチャピンも、ヨーダも緑だなー、ってアタシは別に緑色してないよ!!

もうそろそろ寝るべさ、チャオ!←中田ヒデさん、もしくわ、ヤヌスの鏡風に。
[PR]
by tabalog | 2005-07-18 01:53 | 映画

快楽亭ブラック「立川流」除名

Excite エキサイト : 芸能ニュース
そんな事になっていたとは・・・。

この人の落語、一回だけ見たことあるんだけどあんまり面白くないんだよね。
いわゆる風刺ネタなんだけど、これなら2ちゃんとか見てたほうが面白くない?ってな程度。
むしろなんでこの人が「立川流」って感じなんだけど、これも談志の恩義、もしくは最高の笑いってか。

そういや、談志元気かな?
[PR]
by tabalog | 2005-07-15 14:04 | お笑い

ご当地チェックするぞなもし~♪

ご当地チェックにTBです。

ご当地踏絵なんていうなんとも田舎者心をそそられるサイトを紹介していたので、それにのっかっちゃってみようかと。
ちなみに、沖縄出身なんで「沖縄人編」です。

●  「テーゲー主義」を見直す気はさらさらない。
直したくても直らないと思う。

●  遅刻ごときで目くじらたてるのはおかしいと思う。
それはないよ(^_^;)
私にとって遅刻は罪深き事です。

● 10時に待ちあわせといえば、10時に家を出るものだと思っている。
そういう人が多いのは確かだけど、私に限っていえばない。

● 運転免許証を紛失したことがある。
だからぁ~、ないってば。

● 道で野良ゴキブリに出会ったことがある。
あっ、それはしょっちゅう。

● 桜は2月に咲くものだ。
そうそう、1月末から2月に咲くんです!!

● どこの職場にも、必ず「金城さん」か「大城さん」か「比嘉さん」がいる。
いますね~。

● だけども、「スズキさん」や「サイトウさん」は、非常に珍しい。
珍しいですね。
珍しすぎて、友達が住んでいたマンションにナイチャー名前の人が住んでいて、その人が自衛隊の人に間違えられて、マンションの郵便受けが爆破されるくらい珍しいです。

● 沖縄には、道路交通法がないと思っている。
あるとは思いますが・・・、小学校あがる時に、「車は左、人は右」って教えられました。
ちょっと前までアメリカだったんで、日本とは逆だったわけです。

● 音楽が聞こえると、すぐ口笛を鳴らして、カチャーシーを踊り出す。
年寄りはそうですね、始終踊ってます。

● ちんすこうのメーカーにうるさい。
いるいる!!そういうやつ!!
私はちんすこう嫌いなのねん♪

● 首里城には県外の知りあいを案内する以外、自分では行かない。
行かない。

● 何か失敗しても、すべて「なんでかねぇ~」ですます。
済ます!!
深く追求する気まるでなし。

● 沖スロが全国で有名になったことはうれしいが、県内に裏沖スロの店が少ないのが不満である。
パチンコやらない。

● 居酒屋で、出されたオシボリを四つにたたんで、コースターがわりする。
するね!!
つーか、これって沖縄限定?

● 6CH(米軍放送)を見てる。
見るね。
「サタデーナイト・ライブ」とかセレブが出るトーク番組フツーに見てた。
夜中の12時にアメリカと日本の国家が流れるのねん♪

● アクターズスクールができてからは、かなり自慢のタネが多いが、それ以前は渡嘉敷と具志堅しか郷土のスターがいなかったことを考えると隔世の感がある。
ある~!!
具志堅洋高はヒーローなんだぞ!!

● 自分に甘くて人にも甘い。
甘い。

● コンビニでおにぎりを温める。
そういえば温めてました!!
絶対温めたほうが美味しいと思うんだけど、東京にきてから「温めますか?」って言われないから、自然と忘れてた。

● タクシーで値段交渉をしたことがある。
しないよ~。

● 「沖縄の海ではいつでも泳げる」といわんばかりに、10月に泳いでいる観光客を冷ややかな目で見たことがある。
はい!!
相当バカにしておりました!!
「アッター、フラーアンニー」(アイツら、ばかぢゃねーのぉ)くらい言ってました。

● 沖縄食糧のCMをデュエットできる。
どんな歌だっけな~。
却って気になる。

● ラムサール条約に「漫湖」が登録されたニュースに対する全国の驚きに驚いた。
ラムサール条約って何?
つーか、誰?

● 新聞といえば、琉球新報と沖縄タイムズだ。
あったりまえだのクラッカーよ!!
でも、聖教新聞の勧誘もしつこいよ。

● テーゲーこそがグローバルスタンダードだといいわけしたことがある。
ない、ない(^_^;)

● 全国放送でたまに「北谷」が話題になるが、県民のアクセントと違いすぎピンとこない。
テレビの前で絶対言い直しを要求するね。

● 本土でドアが前後にあるバスを見ると、どこから乗っていいのか戸惑ってしまう。
戸惑う。
未だにみようみまねでしか乗れない。

● 6月23日は、特別な日である。
はっ!
何の日だっけ・・・。

● マヨネーズといえばエゴーのサラダドレッシングのことである。
そうそう、エゴー!!
絶対エゴー!!
東京ではどこのスーパー行ってもエゴーがないの!!
だからポテサラとか作っても物足りないの!!
ベストフードでもないの、絶対エゴー!!

● ソーメンは油で炒めるものだ。
うん、つーか、みんな勘違いしてる、炒めた方が美味いんだってばさ。

● クリスマスにマフラーを送るのは嫌がらせだ。
そうそう、クリスマスって大体半そでで過ごしてるもんね♪

● 気温が20度以下になると凍えそうになる。
うん、死ぬ。

● タバコと言えばhitonかislandである。
タバコは吸わないからなー。

● 「A&W」を「エンダー」と呼ぶ。
つーか、「エンダー」は他都道府県にはないよ。
エンダー、東京に欲しいー!!
大好きエンダー!!

● 痛いときや何かにぶつかったとき思わず「あがっ!」と言ってしまう。
言うね。
あと、蚊を見つけると「ガジャン!!」って言う。

● スクガラスは頭から食べる。
スクガラス食べた事ない。

● ステーキにA1ソースは欠かせない。
欠かせな~い!!
エゴー同様、どうして東京にはA1ソースがないの~!!

● 親戚はみんな、苗字の頭が同じ漢字だ。
うちは違うんだけど、そういう家のほうが多いかも。

● 大晦日には「沖縄そば」を食べる。
我が家は「大晦日にそばを食べる」という元来沖縄にはなかった風習は取り入れておりませんでした。

● 雨が降っても傘をささない。
ちょっとの雨でワイパーつけるのを恥ずかしがったりとか、ちょっと暗くなってくると、すぐ車のライトをつける外人を弱虫扱いしたりとか、ウチナーンシュの意地をはるツボはイマイチよくわかりません。

● バターといえばホリデーマーガリン。
バター自体あんまり使わない。

● 又吉イエスが東京で出馬したのには驚いた。
又吉イエスね、東京で選挙ポスター見て初めて知りました。

● 羽賀ケンジの店「南国食堂」に行ったことがある。
行ったことないんだけど、友達に評判を聞くと口々に「デザートはおいしいんだけどねー」って言うんだよね。

● 田芋と紅芋の違いがわかる。
だって全然違うじゃん?

● 桜の色は、濃いピンク色である。
桜特有のはかなさがなくて嫌いなんだよね。
東京にきて初めて靖国神社で染井吉野を見た時、あまりの美しさに感動した。

● パンといえば、オキコパン、ぐしけんパンだ。
オキコパンとぐしけんパンって東京にないんだよなー、ショックー。

● 「行列のできる店」には、絶対に行きたくない。
行きたくない。
沖縄の人って皆がそう思っているから殆ど行列がないよね。

● 飲酒運転はやってもいいことだと思う。
思ってました!!
大人になって深く反省しております、ごめんなさい、おまわりさん。

● 子供の頃、台風が夜のうちに通過してしまい、朝になって暴風警報が解除されると残念でしかたなかった。
そういう奴多かったよなー、暴風域に入ると学校休みになるからね。

● ポークたまごとタコライスが好物だ。
大好き♪
ポークないと生きていけない。

● 天然記念物とは知らずに、アマンを釣りのえさに使ったことがある。
アマンて何だろう?

● 内地の人間の前で、都合の悪いことを言うときは方言で話す。
ナイチャーの前では方言で話しませんよ。

● お餅は「つく」ものではなく「蒸す」ものである。
蒸すね。
決して焼いたりはしない。

● 普段、あまり映画は観ないが「ナビィの恋」だけは観た。
普段映画は見るが「ナビィの恋」は見てないぞ。

● 自転車に乗れない。
この踏絵の中で実はこれが一番ウケたヽ(゚∀゚ヽ≡ノ゚∀゚)ノ
乗れません!!
いや、乗ろうと思えば乗れますが、車が来ると怖くて自転車から降りちゃうんで、実質乗れない。

● テレビなどで「ゴーヤー」のアクセントが違うのに腹を立つ。
これも「北谷」と同じで、言い直しを要求します。

● 披露宴に 200~300名くらいは招待しないとカッコ悪いと思う。
そういえば、やたら招待するね。
もちろん披露宴の最後は「カチャーシー」でキメっ!

● 結納の日は、潮の満ち引きを気にする。
結納だけではなく、冠婚葬祭の殆どにおいて気にするはず。

● NHK朝ドラの「ちゅらさん」の登場人物の沖縄言葉にもどかしさを感じた。
「ちゅらさん」見てないんだよなー。

● 東江眼鏡と眼鏡一番の生き残り戦争について賭けをしたことがある。
眼鏡一番を知らないなー。

●  国際通りのOPAのことを今でも「Festivalビル」と言ってしまう。
フェスティバルビル・・・、ぢゃないの・・・?

●  ゴキブリが道路を歩いているのを見ない日はない。
冬はいないよ~、多分。

●  内地で運転したとき、何が怖いというと踏み切り以上に怖いものはない。
怖いものがありすぎて運転したことない。

●  ご飯にバターを乗せて食べるのは、ごく普通の食べ方だと思う。
フツーではないが、チョ~美味いと思う。

● 初代ネーネーズのメンバーの名前をすべていえる。
すんません、わかりません。

● バイキングや親戚、友達、会社の仲間の食事で、同じ皿から食べ物をとる場合、ど~しても最後の一つに箸が伸びない。
伸びませんね~。
これって沖縄限定じゃないんじゃないの?

● ぜんざいは冷たいもので、夏に食べるものである。
えっ?冷たくないぜんざいってあるの?

● はみがき粉のことをコロゲーとという。
言わないな~。

● 他人を呼ぶときは、姓を呼ばず、名を呼ぶ。
これってフツーなんじゃないの?

● アイスティーといったら有無を言わさずレモンティー。
これもフツーなんじゃないの?

● 自動車教習所を「自練」と呼ぶ。
ちょっと待ったぁー!!
自練は標準語じゃないのかぁー!?

● 「だぁ~」にはいろんな意味がある。
そう言われてみれば・・・、「何か頂戴」って意味でも「だぁ~」って言うし、「見て御覧なさい」っていう意味でも「だぁ~」って言いますね。

● 家の屋根には、シーサーがのっかっている。
以前はのっかっていました。

● どんな料理にもスパムを入れる。
入れるよん♪
チャンプルー、味噌汁何でもござれ。

● 沖縄の年寄りは大学と言えば東京大学か琉球大学しか知らない。
● しかも東京大学出身より琉球大学出身の方が『賢いさぁ』って思ってる年寄りもいる。
二つまとめてございません。

● 飲み会で、ピッチャー、泡盛、水、グラスの「お通りセット」が出てくると、翌日の午前中は、使いものにならないことを覚悟する。
お通りってそうそうやらないと思う。

● 「保険証」のことを「保険手帳」という。
保険手帳って言わない?
標準語だよね。

● バスを止めるときは、手を横に上げ、タクシーを止めるときは目を合わせるものだ。
それはないかなぁ(^_^;)

ここにはないのですが、米軍のヘリコプターが飛んでいると隠れます。
長々と失礼いたしました。
[PR]
by tabalog | 2005-07-14 13:32 | コラム的な。。。

空前の桃鉄ブーム!!

a0004725_1422292.gif

今までゲームにただ一度としてゲームにはまった事がなく、昔のマリオで記憶が止まっているくらいゲームに疎い私が、今一番はまっているのが「桃鉄」。
しかも「桃鉄12」。
ウチの彼氏が買ってきてやってみたところ、コレが結構面白い。
で、単なるマイブームで終わるかと思いきや、私の桃鉄話を聞いた会社の人、しかも2人も桃鉄を購入したもんだから、さぁ大変。

私って実はプレゼン能力があるのかしら?

そんなわけで、今会社は殆ど桃鉄のオフ会状態。
「早く鉄道買いたいなー」とか、「この入力してくれたらプラチナカードあげる」とか、そんなバカな会話が飛び交っている。
[PR]
by tabalog | 2005-07-13 14:12 | 最近の出来事

こころ/夏目漱石

a0004725_13282644.jpg
こういう本って普通学生時分に読むもんなんでしょうね。
不真面目な学生生活を送っていたせいか読んだことがないので、今更かも知れませんが読んでみました。

なんで突然「こころ」を読んでみたくなったのかというと、白洲正子さんの「おとこ友達との会話」という本の中で、「西洋人は夏目漱石の”こころ”はホモセクシャルの話だという感想を述べる」というくだりがあったから。
太宰治の「走れメロス」なども同様なのだそうですが、宗教的な観点から同性の友情が信じられないらしいです。
勿論人それぞれとは思いますが。

そこへきて更に、とはいってもちょっと古い話なのですが、マイケル・ジャクソンの少年に対する性的虐待疑惑。
「とりあえず」無罪という形で裁判は終わってしまったけれども、どこか府に落ちない結果だと受け取る方も多いはず。
じゃあ、「こころ」を読んでみれば西洋人のホモセクシャルの境界線が見えてくるのではないかという考えから読み始めてみたわけなのですが・・・

やはり、私は日本人ですね(あっ、いえ本当はウチナーンチュなんですけど)、どうしてこれをホモセクシャルな内容だと捉えてしまうのかが全く理解できなかったです。
確かに、恋愛とも友情ともとれない情念の深さは感じますけれども、そんな竹をスパっと割ったように「こっからはヘテロで、こっからはホモだ」なんていうのは正直歪んでいると思います。

夏目漱石が精神を患っていたのは知れた話ですが、まるで自伝のようですよね。
でも、物凄く悲壮感漂っているわけではなくて、己の罪を自殺する事で相殺するのが、さも当り前かのように坦々と話が進んでいく。

人って罪を重ねながら生きているのよね。
最近はその罪深さを肯定する話が好きだったりする。
[PR]
by tabalog | 2005-07-13 13:31 |

橋本真也、急死!!

プロレスラーの橋本真也氏が死去

まじかよーーーーーーー!!!
まだ真相が掴めていないんだけど、なぜ?
ポーク扱いしてたのがいけないのか?
はたまた、「スリー、ツー、ワン、ゼーロワーン!!」よりも、小川の「ハッスル!ハッスル!」が流行ってしまったのが悔しかったのか?
ってこの期に及んでそんな冗談言ってる場合ぢゃねーよ!!

ご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by tabalog | 2005-07-11 16:05 | 最近の出来事


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧