<   2006年 02月 ( 34 )   > この月の画像一覧

エトーかわいそう・・・。

罵声を浴びたエトーが交代を希望=スペイン

これ昨日のマンデーフットボールでちょろっと見たんだけど、ひどいよね~。
エトーのあの物凄く悲しそうな顔を見たらこっちまで切なくなってしまったよ。
ピッチ上の選手に人種差別発言をするなんてホント信じられない。
その後結局バルセロナは勝利するんだけど、エトーはすっかり意気消沈して戦意喪失しているようだった。
今確かFIFAで人種差別を無くそう、みたいなキャンペーンやってんだよね?
それなのに・・・。
誰が言ったとか、何を言ったかではなくて、何か手立てはないもんかね。

カントナのように蹴ってやればよかったのに。


とかっつって日本代表戦の時に「三都主、ブラジルに帰ればいいのに~♪」なんて言ってるのはどこのどいつだ(>_<)
[PR]
by tabalog | 2006-02-28 15:58 | サッカー

キース・ジャレットのライブ

20年前のキース・ジャレット・トリオのコンサートを今夜WOWOWで放送するらしい。
観たいぞ、ちきしょー!!
[PR]
by tabalog | 2006-02-28 15:06 | 音楽

永ちゃん 俺たちはもう一度走れるだろうか

NHKスペシャルでこんな番組を放送していました。

今年の目標として「YAZAWAのコンサートに行く」というバカな目標を掲げていた私としては見ないわけにはいかないでしょう。

番組内容は永ちゃんのファンからメールを募り、そのメールをくれたファンの元へ作家の重松清が会いに行く。
重松清とファンのやりとりのVTRを元に、永ちゃんと重松清のインタビューを行うという、まぁ、だいたいこんな感じ。

永ちゃんのファンの年齢層は40代から50代。

家庭を持ち、仕事も「長」付けが見え責任が重くなり、決して景気の良くない世の中で翻弄されている年代。
あの頃永ちゃんの背中を見て走り続けてきた自分達は、果たしてまだ輝き続けているだろうかと問いかける。

ここまで真面目に書いてきていうのもなんなんですけど、改めて永ちゃんのライブ会場の映像を見ると・・・、本当にオッサンばっかなのな~。

正直萎え。
あの中に混じる自信ないよ・・・orz

でも、何で自分が永ちゃんのライブに行きたくなったのかがわかったよ。

LUNA SEAとダブらせているんだと思う。

あの頃のLUNAの五人はとにかく熱くて、ファンも熱くて、一心不乱だった。
あの感覚をもう一度味わいたいのよ。
でも、もう無理じゃない?
きっと永ちゃんと、永ちゃんのファンの人たちが羨ましかったんだと思う。
永ちゃんの音楽は二の次なのよ。
所詮代替品だったのよ。

でも、やっぱりライブは実際の音以上に何かを感じる、何かをもらえる場所だからね。
いつか行きますよ、永ちゃんのライブ。

そういや、最近永ちゃんの露出増えてませんか?
今度BSでイチローとの対談をやるそうで。
イチローも年末年始の特番ですっかり好きになってしまっていたとこだったので素晴らしい組み合わせだ。
またもや私の先見の明が光っちゃいましたか。
って、言ってろってか。

関連記事:ふっか~~~~つ!!(2006年1月10日)
[PR]
by tabalog | 2006-02-28 15:00 | 音楽

阿修羅のごとく

a0004725_14145882.jpg

昨日BSフジで放送しているのを観ました。
わざわざ映画にしなくても・・・、というような内容でしたが、まぁまぁ面白かったです。
そもそも向田邦子ドラマが結構好きだったりするので、見ているうちに引き込まれていってしまいました。

それにしても、大竹しのぶと深キョンが姉妹って言われてもなぁ、歳違いすぎやしないか?
そんなことが気になって最初はフツーのドラマを見るような感覚で見ていたんですけど、中村獅堂ちゃんが出てきてから俄然目が離せなくなった。
勝又役の獅堂ちゃんは本当に最高!!
この獅堂ちゃんを見るためだけでも、この映画は観る価値があると思う。
確かに役作りがやり過ぎ感は否めないけれど、私はあれくらい作りこんで笑いを取りにいって
正解だったと思う。

四姉妹とお母さん、それぞれの女性の生活の有様を見られるというのも歴史的に面白い。
お母さんは古い人だから買い物を「おつかい」と呼び買い物袋を持って行くスタイル。
一方、一番下の娘の深キョンなんかはスーパーで買い物カゴを持って、無機質な陳列棚から商品を選んでいくスタイル。
そういう新旧の女性の家事のあり方のようなものが、とても丁寧に描かれていて良かったと思う。
[PR]
by tabalog | 2006-02-28 14:29 | 映画

つぶつぶカフェに行ってみた

昨日のランチに前から行ってみたかった「つぶつぶカフェ」に行ってみた。

こちらのお店は大谷ゆみこさんという方が提唱する「未来食」を提供しているお店です。
スローフードに関する本を読みあさっているうちに、こちらのお店が実は家の近所ということがわかり、気になっていたんです。

その「未来食」というのは、「全粒穀物」という、いわゆる「雑穀」、自然塩、地場の野菜、天日干し海草、これさえあれば生きていけるというもの。

彼は玄米粉のドリアを、私は玄米おにぎりとスープのセットをいただきました。

感想は、なるほどカラダに優しい感じがしました。
一見量が少ないかなと思うんですけど、優しい味付けにつられてこちらもゆっくり食べるので意外とおなかいっぱいになりました。
家は小さい頃貧乏で、よく母が白米の中にもちきびや、あわ、押し麦などを入れてかさましをしていたんですけど、今では却ってそういう食事のほうが高価というのもなんだか凄い話です。
スィーツもお砂糖を使わないもの、フェアトレードのコーヒーなども愉しめるようです。

カラダにいいとはわかっていつつも、誘惑に負けてしまうのが人間なんですよね(^_^;)

つぶつぶ雑穀のいるふぁHP
[PR]
by tabalog | 2006-02-27 17:32 | グルメ・クッキング

単騎、千里を走る

a0004725_17111082.jpg
公式HPはコチラ
先週の土曜日に有楽町の日劇PLEXで観ました。
公開からかなり日がたっているので劇場は人もまばらでした。

ちょっと期待はずれでした。

いきなり映画の本題に入るという大味にもビックリです。
息子が余命いくばくもなく、中国にわたり息子のやり残した仕事「単騎、千里を走る」という仮面劇を撮る、という話が映画が始まって15分くらいで説明されてしまうっていうのは、ちょっといただけないかなぁ・・・。
何もかもが直接的過ぎて、微妙なニュアンスを愉しむとか、そういうのが一切ない。
中国人が「タイタニック」を観ると笑うというのも違う意味で頷ける。
だって、全てがでかいんだもの。

そしてチャン・イーモウの映画につきものの「貧乏な子どもが走る」シーンは今回も健在。
ヤンヤンかわいかった♪
[PR]
by tabalog | 2006-02-27 17:11 | 映画

再び白チェブ

昨日改めて女子フィギュアフリーを見たのですが、荒川選手も競技終了後に白チェブを持っていましたね。
あの白チェブが見たくて5回くらい巻き戻してしまいました。
しかも、ロシアの応援団の服にも白チェブがっ!!

さっき気になって調べてみたところ、今年のロシアチームのマスコットが白チェブなんだそうです。
あれ欲しいよなぁ・・・。

ちなみに白チェブはこんな感じ
a0004725_15312275.jpg
[PR]
by tabalog | 2006-02-25 15:32 | 最近の出来事

寝言じゃなくて寝歌

おとついの夜のこと。
彼氏がついに寝言なら寝歌を歌った。

しかもチャンピオンズリーグの歌。
試合が始まる前やハイネケンのCMで流れるアノ歌。


・・・平和だな。
[PR]
by tabalog | 2006-02-25 15:26 | サッカー

荒川選手金メダル!!

<フィギュア速報>荒川が金メダル 村主4位
まぁるで期待していなかっただけにビックリ。
おかげさまで今日は早起きだ。
まだ演技そのものは見ていないんだけど、どんな感じだったんだろう?
前にもチラっと書いたけど女子フィギュアってどうも好きになれなくて、フィギュアの中で唯一HDDに撮っていない。
さっき慌ててダイジェストを撮りにいったさ♪
エキシビジョンの一番最後に日本の選手が滑るなんて信じられないな~・・・。
って、確か女子の金メダルの人が一番最後だよね?
間違ってたらすんません。
個人的には村主選手の演技のほうが好き。
彼女の演技はちょっとなまめかしいというか、艶っぽいというか、エロいよね。

勝手なことばっかり言ってますが、荒川選手おめでとうなり~♪
[PR]
by tabalog | 2006-02-24 10:19 | 最近の出来事

チャンピオンズリーグと日本代表戦

どもども。

この二日間アホかっていうくらいサッカー見まくってます。

チャンピオンズリーグ見たさに、スカパー!のお試し視聴を申し込み、二日連続早朝4時半に起きてサッカー見ました。
まぁ、私はプー太郎だから試合後当然寝ているわけなのですが、彼氏はその後ちょっと寝て出社しているわけですから、大変でしょう。
しかも、私は今貧血辛くて、起きている時間も少ないので、目が覚めている間の殆どをサッカー見ている感じです。

詳しい試合内容は他のニュースソースにお任せするとして、ここでは私なりの感想をメモ程度に書いていきます。

☆バイエルンミュンヘン対ACミラン
1-1のドロー。
バイエルンの選手がハンドを取られPKでシェフチェンコが決めて結局1-1となったわけなんだけど、あれをハンドとするのは・・・ちとかわいそう(T_T)
胸のところにあった腕にあたっただけだし、ホームだし・・・。
PK後はすっかり守りに入ったミランをバイエルンが全く崩せず、見ていてあんまり面白くなかった。
それにしても、シェフチェンコとカカの速さにはビックリした。
ピッチの状態が物凄く悪くて、試合終了の頃にはまるで耕した畑みたいだった。
選手も足を取られたりして、怪我するんじゃないかと思って、こっちもヒヤヒヤした。
W杯が控えているんだもの、ここで怪我されたら楽しみが半減する。
ガットゥーゾなんて前半5分頃にはユニフォームのお尻のところが既に真っ黒、ウ○コまみれの犬みたい・・・。
で、そのガットゥーゾ。
何度もバラックとやり合っていたわけなんだけど、なかでも面白かったのが後半バラックに首の辺りをこずかれたシーン。
やり返そうと一瞬こぶしを握るガットゥーゾ。
しかし、チラッと後ろを振り返り、実はファールを貰うといい位置でFKが蹴られる!!と思った瞬間、頭を抑え倒れこんだ!!
勿論そうは問屋が卸さない。
結局はガットゥーゾ劇場はここでお開き。
後半の試合内容はイマイチだっただけに、ガットゥーゾがなんといっても面白かった。


☆チェルシー対バルセロナ
1-2でバルセロナが快勝。

この試合はすごかったぁ(@_@;)
ボールの動きが殆どワンタッチで、速すぎてよくわけがわからない。
次世代のサッカーというか、CGみたいだったよ。
ひょっとしたら今のバルセロナってブラジル代表より強いかも。

何しろこの試合はメッシDAY!!と言ってもいいほどメッシが目立ってた。
序盤にメッシに体当たりしていったチェルシーの選手がレッドカードで退場し、チェルシーは10人で戦わなければならなくなるんだけど、あれも特別きついものではなかったような気がするし、やはりメッシが倒れたぞ!!ってバルセロナの選手が大騒ぎし始めて事態収拾つかなくなったから「ええいっ!!もうカード出しちゃえ!!」みたいな感じがした。
メッシはかわいがられとるからのー。
互いに一点ずつオウンゴールなのも喧嘩両成敗になって良かったんじゃないの?
しかし、昨日のミランと違ってバルセロナはドローでは満足せず果敢に点を取りに行ったよね。
それが、凄い。
見てても気持ちがいい。
イタリアとスペインの違いかね?
しかも駄目押しのエトーのゴールは今のバルセロナを象徴するようなゴールだった。
ロナウジーニョは常に真ん中に位置していて、あんまり上がることもなくトリッキーなプレーもそんなになかったかな?

☆日本代表対インド代表
6-0で日本代表が勝利。

相手に恵まれた感が強くて、大量得点してもなんだかなー。
何しろその前にチャンピオンズリーグ見ているわけだから、試合そのものに魅力を感じないというか・・・、それを言っちゃあおしまいなんだけどね。
久保タン2得点おめでとう(*^_^*)
私は三都主があんまり好きではないので、前戦同様村井を起用して欲しかった。
[PR]
by tabalog | 2006-02-23 17:39 | サッカー

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧