<   2006年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

明日から藤野に行って参ります。

どうも。

久しぶりに自身のことを書こうかと。
ここ最近の私を取り巻く状況が変化しています。

まず一つは「かもめ食堂」の記事でも書きましたが、現在江戸川橋にある「つぶつぶカフェ」でアルバイトをしております。
時給は安いし、週に三日だし、殆ど金にはなりませんが、勉強のつもりで。
以前にもちょろっと書きましたが「つぶつぶカフェ」とは大谷ゆみこさんという方が提唱する「未来食」の店です。
いわゆるマクロビオテックですが、というよりその程度の認識しかなかったんですが、店に入ってみると本当に肉類、魚類、乳製品、砂糖、ひいては電子レンジも使わないのでビックリしました。
手間がかかるし、入りたての私は時折非合理感を持ってしまうこともあるのですが、お客さんもスローな感じでお店に行くのはホント楽しいです。

それともう一つ。
スロービジネススクールというのをやっています。
これから三年かけて本当に地球に優しい、命を大切にする仕事をする、という事を目指して勉強することになりました。
これについてはまだスクールそのものも始まったばかりなので海の物とも山の物ともわからないのですが。
それで、スクールの合宿で明日から三日間神奈川の藤野に行って参ります。
だから何だ?って感じですか。
「風呂はいるのにボディソープ使うと怒られるかな?」とか、「これから非電化製品の研究をするというのにドライヤーはやばいよな」とか色々不安はありますが、全国から同じような志を持った人たちが集まるので非常に楽しみです。

藤野はPHSの電波が届かないかもしれないので、しばらく連絡つかないかと思います。
[PR]
by tabalog | 2006-04-20 22:36 | 最近の出来事

かもめ食堂

a0004725_1652924.jpg

公式HPはコチラ

予告を観た時から「絶対観よう!!」と思っていたんだけど、連日超満員で・・・。
私が観た時も朝イチの回の、しかも席が前から3番目とかそんな感じだった。
でも、このまま買ってあった前売り券が無駄になってしまうのもしゃくなので。

内容は・・・ないんだよね(^_^;)
何の事件もないし、ただ日本人女性がヘルシンキで食堂を営んでいて、そこにやってくる珍客たちとの毎日が描かれているだけ。
かもめ食堂の内装が気に入っていろんなところに目がいってしまった。
いずれ詳しく書くけれど、実は今とあるオーガニックカフェでアルバイトを始めたのだよ。
なので一応プー太郎ではなくなっているのだ。
ゆえにちょっとブログの更新も滞りがちなんだけど。

まぁ、それゆえ花の生け方、トレーの持ち方、細部にわたって気になるし、勉強になりました。

いつかやりてーなー、あんな店。
[PR]
by tabalog | 2006-04-18 17:01 | 映画

ヒストリー・オブ・バイオレンス

a0004725_16263144.jpg

公式HPはコチラ

単細胞の私にも最近クローネンバーグの良さがわかってきまして(^_^;)そんなわけでこの映画は「絶対観に行ってやる!!」と意気込んでおりました。

東劇で観たのですが、何気にあの劇場は良いですね。
ちょっと銀座・有楽町方面から遠いのでつい敬遠していたんですけど、椅子も座り心地がいいし、何といっても絶対に前の人の頭が邪魔にならないような席の配置が気に入りました。
チビにはありがたい配慮です(*^^)v

もっとグロい内容かと思ったんだけど、そうでもなかった。
あんまり暴力的なシーンがきついとその日の夢に出てきたりするんだけど、そんなこともなかったし。

結局のところトムは自分が殺し屋だったことを隠して幸せな家庭を築こうとしていたのか、はたまた記憶障害か何かで殺し屋だった過去はすっかり忘れてしまっていたのか?
その一番大事なところがわからなかったんですが(^_^;)
それともクローネンバーグがあえてあやふやにしているのか?
・・・いや、それはないな。
多分私のかんぐりすぎで、本当のところは隠していたんでしょうな。
そういうことにしておきましょう。

最後もなんだかあやふや~な感じなんだよね~。
過去を清算してきたトムが家に帰ってくる。
ちょうど夕食時で息子と娘は帰宅した父に沈黙のまま食事を勧める。
しかし妻はただ黙っているっていうところで終わるんだよね~。
果たして妻は夫の嘘を、殺人鬼と豹変した夫を、もはやかつての夫ではない夫を受け入れることができたんでしょうか?
う~む、謎だぁ!!
でも、謎のまんまでいいや。
うまく説明できないけど謎なまんまでいてくれてありがとうって気がする。
[PR]
by tabalog | 2006-04-18 16:48 | 映画

気まぐれな狂気

a0004725_1683414.jpg

先日テレビで放送されていたのを観ました。
しかもテレ東。
「テレ東で放送する映画なんてたかが知れてるだろ」とたかをくくっていたのですが、なかなか良かったです。
ヴィンセント・ギャロが観られただけでもめっけもんです。
「ヴィンセント・ギャロとSUGIZOが似てるな」と思うのは私だけでしょうか?
「どこが?」と聞かれれば「顔が」と答えますが、どうでしょう?
ここまで書いておきながら「多分鼻だけ・・・かな?」という気もしますが。

ヴィンセント・ギャロはずるい。
汚れなはずなのにあまりにもピュアだ。
あのかっこよさは、ずるい。

さて、この作品、最近では「24」でお馴染みのキーファー・サザーランドの初監督作品だそうです。
暴力的なシーン満載、何人殺されてるかわからないくらいに殺戮に次ぐ殺戮なんだけど、ヴァイオレンスでゴリゴリとストーリーを進行させることなく、特に人質となった善良な市民が悪に憧れを抱いていく様相の描き方などはとても丁寧で繊細でした。
[PR]
by tabalog | 2006-04-18 16:17 | 映画

レアル・ザ・ムービー

a0004725_185266.jpg


公式HPはコチラ

六本木ヒルズの映画館で観てきたんだけど、確かこの作品1週間で公開終了だったような気がする。
したがって本日にて終了ってことかしら?
不確かですみませんm(__)m

全然内容知らずに観に行ったんだけど、どっちかっていうとレアルの選手じゃなくてレアルファンが主役なのね。
だからちょっと期待はずれ。
あれならスーパープレー集をスクリーンで観たいなってちょっと思った。
あと選手の密着やドキュメントとかね。
例えば「6月の勝利の歌を忘れない」のような。
しかも途中で寝ちゃったし(>_<)

昨年のクラシコの映像が出てきて覚えていた自分にビックリした。

う~ん、正直言ってわざわざ映画館で観るほどではないかな?
[PR]
by tabalog | 2006-04-07 19:00 | 映画

ブロークバック・マウンテン

a0004725_17503987.jpg

公式HPはコチラ

やぁ~っと、やぁ~と日本で公開しましたよ~(*^^)v
賞レースを席巻する前から観たかった作品!!

だって私、ホモ映画大好きなんだもん(#^.^#)

かつての「アナザー・カントリー」や「モーリス」、ちょっと毛色は違うが「リプリー」とかね、たまんないのねん♪
だいたいホモ映画には美しい男が必須なわけだから、それもまた魅力。

「ブロークバック・マウンテン」についてはジェイク・ギレンホールはあんまりお好みでないんだけどヒース・レジャーは好きなんでよしとするかな?
あ~、でもどうせならホアキン・フェニックスあたりで観たかったような気もするな~、あ~、想像が膨らんで楽しいな~。

カウボーイ同士の20年以上もの年月に及ぶ「愛」を描いているんだけど、それでちょっと思い出したのがユニコーンの名曲「人生は上々だ」なんだよね。
「人生は上々だ」はホモセクシャルな二人の人生が爆笑間違いなしの歌詞で歌われている。
だがしかしサビ部分の「ohマリア、ohohマリア、アナタならわかるはずそんな二人の語らい」とか性交渉なしでキリストを出産したとされるマリアに性的にマイノリティーな自分達の人生を問いかける結構奥深い曲なのだ。
さすがに「ブロークバック・マウンテン」では「人生は上々だ」のように「鳴り響く鐘の中娘婿にも投げキッス」とか「赤いちゃんちゃんこ似合うでしょ、ちょっとしわしわシュガーボーイ」なんてことはないけれど、しかし本質的なものは一緒なんだろうな、とちょっと思った。
ちなみに「人生は上々だ」はカラオケの十八番です。

ちょいネタバレなんだけど、結局のところジェイク・ギレンホールは殺されてしまったの?
そこだけがどうもよくわからない。

カウボーイがホモセクシャルというショッキングな部分だけがとかく取り上げられがちな作品ですが、本当にどうしようもなく切ない恋愛映画です。
[PR]
by tabalog | 2006-04-07 18:20 | 映画

イザベル・アジャーニの誘い

a0004725_1730373.jpg

公式HPはコチラ

BSで放送していたのを拝見。

以前から一度イザベル・アジャーニの映画を観てみたかったんです。
確かランコムだかなんだかの広告で彼女が起用されていたような気がするんですけど、それを見たゲーリー・オールドマンファンの友達が「イザベル・アジャーニって結構ババァなのにゲーリー・オールドマンとも付き合っていたらしいよね」みたいな事を言ってて、またその時の広告写真を見る限りそんなに年くってるように見えなくて驚いた覚えがある。
それで、写真じゃなくて動く彼女を見てみたかったんですけど・・・、いや~、どっからどうみてもお美しい。
ちょっと中島朋子っぽいけど、それでも美しい。
調べてみたら1955年生まれだって。
もはや美しいというより化け物に近いな。

映画を見る前は「どうせ年増女性が若い青年をたぶらかす映画なんでしょ?」なんてたかをくくっていたんだけど、実際にたぶらかされるハメになるのはイザベル・アジャーニの方でした(>_<)
もっと官能的なシーンを期待していたんですけど、あんまりなかったです、って官能的なシーンを期待するなって話ですか(^_^;)
映像そのものもまるでレンブラントの絵のような美しさです。
光の使い方なども絶妙です。

できれば映画館でこの美しさを堪能したかったな~。
[PR]
by tabalog | 2006-04-07 17:44 | 映画

桜の定点観測

a0004725_17163369.jpg

しばし休んでいる間にしゃれにならないくらい散ってしまった・・・orz
しかも今日の東京は寒い!!
また人影まばらな寂しい公園になりつつあります。
しかし、桜はまた散り際も美しい。
[PR]
by tabalog | 2006-04-07 17:19 | 最近の出来事


似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧