<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

義母がトーシツになりました その5

前回から一ヶ月以上経過しましたでしょうか?

義母が入院して二ヶ月が経とうとしております。

あんまりブログが更新出来ないのは、やっぱり気分が重い。

結構ね、実はね、大変なんですよ。

まずは、現況。

現在は週に一度の外出が許可され、週末は必ず相方と一緒に会いに行っております。

私は一日付き合ったり、ご飯だけ付き合ったり様々です。

病識は相変わらずありません。

「何で病院に閉じ込められなきゃいけないのよ?

このまんまじゃモルモットにされて死んじゃうわよ」なんて言ってます。

薬のせいで以前ほどの攻撃性はなくなっているような気もします。

でも、妄想対象の私への口撃は相変わらずです。

「こんなヤクザな女と結婚して!!私の資産はどこへやった!?」

あたしゃやくざでもなけりゃ、あんた資産家でもないよ?と冷静に突っ込んだり
しておりますが、毎週毎週こうも悪口ばかり言われると、
それが病気の業とはわかっていつつも、もう精神的にクタクタなのです。

うちの相方もどうにか仲良くしてもらおうと思って、最悪食事だけでもと同席させるし、
私も奇跡を願って頑張るのですが、どうにも逆効果なような気がします。

もともと性格が合わないんだよな〜、病気云々以前に。

いただきます、ごちそうさま、絶対言わないし、テーブルに肘ついて食べるし、
飲むようにして食べるし、おいしいとも言わないし。

そういうのが絶対嫌だと思いながら食事しているから、私からもかなり嫌なオーラが
出ているのだと思う。

報告が遅れましたが、生活保護申請は受理されました。

この生活保護は私たち夫婦ではなく、あくまでも義母のみです。

今は入院しているけれど、そもそもホームレス同然ですから。

私たちは出来る限りの支援をしていくという感じです。

それと、今は医療保護入院なので、あと一ヶ月で病院は退院させられます。

お医者さんは任意入院にして治療を続けていった方がいいと言いますが、
モチロン大反対。

となると、外泊する訓練をして退院をしなきゃならない。

今住む家がないので、区が用意してくれる施設から始めた方がいいのではないかと
いう話に落ち着いているのですが、それもモチロン反対。

それについては先週、相方、義母、区の相談員、ケースワーカーで話し合いが
持たれました。

私も行ったんですけど、拒否されました(笑

その場で相方が「うちに泊める事はできないし、同居もできない」と
きっぱり伝えたそうです。

ちなみに、「同居出来ないのなら、外泊も息子さん宅でないほうがいい」という
案はケースワーカーから出たそうです。

理由はわかんないです。
なにか、専門的知識で、外泊は今後住まいとする場所の方がいい、ということが
あるのでしょうか。

区の相談員の方は、、、この子が、、、。
よくやってくださるんですけど、若干難有りで、、、。

大変若いのです。
nonnoとかのモデルさんみたいな、可愛らしいし。

ただ、、、こういう深刻な話し合いの場には、特に、義母は人を見た目や学歴で
判断する人だから、、、。

ピンクのバックとか、薄手のブラウスとか、正直どんなもんかと、、、。

話それるけど、服装の話をすると「仕事がちゃんとできればそれでいいじゃん」
って言われるけど、じゃあ、あんた結婚式やお葬式に平服で行くのか?って
思うんですよね。

まぁ、いい。
本当によく頑張っています。

私は話し合いには参加出来なかったから待っていたんだけど、
話し合いが終わって後、彼女にあったら本当にボロボロ感がありました。

あの義母と対峙したんだ、よくわかる。

借金の話は特に何にも進んでいません(笑

どうにもこうにも法テラスが信用ならず、司法書士会に電話したら
しばらく放置した方がいいという話だったので。

義母が借りている倉庫。

倉庫とはいっても立派なマンションの一室。

何やら訳あり物件らしく、居住しないという約束で、期限付きで借りているという
何だかよくわからない物件。

で、案の定期限はとっくに過ぎているらしい。

義母が入院しているので家賃支払いも滞っています。

そんなわけで、そこの不動産屋さんにも相方が会ってきました。

不動産屋さんというと、ヤクザ的な、ちょっと怖いイメージがあり、
加えて家賃も納めていない立場なのでちょっとくらいの乱暴は
覚悟していったのですが、とても良い方のようです。

その方の話では、まぁ、とにかく義母の苦情が凄かったそうです。

夜中に大声を出す、荷物を外に出したり引っ込めたりうるさい、挙句に
お向かいの一軒家のご家族、小さな子どもにまで喧嘩ふっかけたり。

同じマンションに住んでいた某国立大学の女子大生は、義母の態度に耐えられず
引越しを余儀なくされてしまったそうです。

本当にごめんなさい。

私もこの傍若無人ぶりは聞いてはいたのですが、正直冗談だろうと思っていました。

そして、私はそんな義母を放置していたのですが、この不動産屋さんは
「何かわけがあるに違いない」と何度も話し合いをしていたそうです。

普通なら法的に強制退去させればいいはずなのに、ほんと、偉いです。

でも、話しあおうとしても、すぐ大声を出したり、警察署に逃げ込んだり、
上手くいかず、とにかく、一度息子さんと面と向かって話をしたいと思っていたそうです。

そんな大変な状況ならみんなで解決していきましょうと言ってくださいました。

世の中捨てたもんじゃないですね。

とにかく、統合失調症はそう簡単に病識は身につかない、
大変悪い病状なので、妄想症状は一生続くであろうというのが
お医者さんの見解です。

これから先どうなるんでしょうな。

ワールドカップが終わる頃、また私の人生が大きく変わっているかもしれません。
[PR]
by tabalog | 2010-06-18 18:53 | トーシツ母さん

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧