ザ・東京銭湯/町田 忍

a0004725_14585469.jpg


最近銭湯がマイブームです。

というか、断言しましょう!!

きます!!
銭湯ブーム!!


以前はラクーアによく行っていたんですけど、入場料高いし、
「温泉に行きたい!!」なんて事もよく言っていたけど、
そもそもめんどくさい。

吉本隆明が「温泉に癒されに行くなんてのは幻想だ、却って疲れる」みたいな事言ってたけど、私も多分そのタイプ。

要は、

大きなお風呂で足を伸ばしてゆっくり浸かれば事は済むんじゃないのか?

って事に、気づいたわけです。

そしたら、この気づきが大正解!!

やっぱり、「大きなお風呂で足を伸ばしてゆっくり浸かれば」事は済んだわけです。

大人450円という安さもさることながら、建物のカッコよさがたまらん!!

ここのところ、「古民家」とまではいかないまでも、昭和初期頃の建物が好きでして、
私はよく行く「月の湯」さんという銭湯は昭和8年創業の頃の建物のがそのまま残り、
その空間に自分が居られるだけでもなんとも幸せ♪

私が払う450円には「この建物を是非後世に残してください」という思いが込められています。

近所の人が募って燃料代を賄っている感覚も好き。

「浴育」という考え方にもとても共感が持てます。

さて、そんなわけで「ザ・東京銭湯」

東京の銭湯が紹介されているだけの本です。

銭湯に興味のない方はお手に取ることもないのでしょうが、ここは是非!!日本の文化遺産を見るつもりでページを捲っていただきたいもの。

外装から内装からかっこいいのなんのって。

燃料代高騰や後継者不足で廃業が相次ぐ銭湯業界。

どうにか頑張ってもらいたいものだな〜。

そして、キング・オブ・銭湯として名高い北千住の「大黒湯」にも行ってみたいっすな〜。

家風呂は家風呂で楽しいですが、たまには銭湯も良いですぞ。

遠くの温泉行くより、こういう身近な文化遺産を残すために、たまには450円使いましょうよ。
[PR]
# by tabalog | 2010-07-01 15:40 |

吉田類の酒場放浪記

a0004725_13273579.jpg
今日から7月です。
暑いですね〜。

最近重たいネタが続きましたので、ここらでかる〜いネタを。

読む、っていうほどの本じゃないんですけど(ーー;)

と言うと、吉田類さんと、吉田類さんファンに怒られそうですが、、、。

酒場放浪記とは、BS-TBSで月曜夜9時から放送している番組で、
なんてことはない、吉田類さんが渋〜い飲み屋を訪れ、
一杯、いや何杯ともなく嗜んでいる、ただそれだけの番組。

しかし、これがなんともいい番組なのです。

猫舌のオヤジがなんとも可愛らしいです。

おかげで可愛らしいカフェよりも、「一寸一杯お気軽に」という
赤ちょうちんのお店が気になるようになりました。

twitterにはご本人のつぶやきもありますし、ハッシュタグも登場!!

先日は立川談笑さんもハッシュタグでつぶやいていましたし、
いよいよ吉田類ブームがきたようです。

いつか酒場放浪記で紹介された酒場を巡って旅をしてみたいと思っているのは
私だけではないはず(-ω-)/

でも、最近いよいよ肝臓かどっかがおかしいのか、
飲む量がめっきり減り、ここ2週間くらいは
大好きなビールでさえ、あんまり美味しく感じなくなってきたな〜。

巻末には紹介店舗一覧が掲載されていて、夢が膨らみます(* ̄∀ ̄)ノ■☆■ヾ( ̄∀ ̄*)
[PR]
# by tabalog | 2010-07-01 14:53 |

義母がトーシツになりました その5

前回から一ヶ月以上経過しましたでしょうか?

義母が入院して二ヶ月が経とうとしております。

あんまりブログが更新出来ないのは、やっぱり気分が重い。

結構ね、実はね、大変なんですよ。

まずは、現況。

現在は週に一度の外出が許可され、週末は必ず相方と一緒に会いに行っております。

私は一日付き合ったり、ご飯だけ付き合ったり様々です。

病識は相変わらずありません。

「何で病院に閉じ込められなきゃいけないのよ?

このまんまじゃモルモットにされて死んじゃうわよ」なんて言ってます。

薬のせいで以前ほどの攻撃性はなくなっているような気もします。

でも、妄想対象の私への口撃は相変わらずです。

「こんなヤクザな女と結婚して!!私の資産はどこへやった!?」

あたしゃやくざでもなけりゃ、あんた資産家でもないよ?と冷静に突っ込んだり
しておりますが、毎週毎週こうも悪口ばかり言われると、
それが病気の業とはわかっていつつも、もう精神的にクタクタなのです。

うちの相方もどうにか仲良くしてもらおうと思って、最悪食事だけでもと同席させるし、
私も奇跡を願って頑張るのですが、どうにも逆効果なような気がします。

もともと性格が合わないんだよな〜、病気云々以前に。

いただきます、ごちそうさま、絶対言わないし、テーブルに肘ついて食べるし、
飲むようにして食べるし、おいしいとも言わないし。

そういうのが絶対嫌だと思いながら食事しているから、私からもかなり嫌なオーラが
出ているのだと思う。

報告が遅れましたが、生活保護申請は受理されました。

この生活保護は私たち夫婦ではなく、あくまでも義母のみです。

今は入院しているけれど、そもそもホームレス同然ですから。

私たちは出来る限りの支援をしていくという感じです。

それと、今は医療保護入院なので、あと一ヶ月で病院は退院させられます。

お医者さんは任意入院にして治療を続けていった方がいいと言いますが、
モチロン大反対。

となると、外泊する訓練をして退院をしなきゃならない。

今住む家がないので、区が用意してくれる施設から始めた方がいいのではないかと
いう話に落ち着いているのですが、それもモチロン反対。

それについては先週、相方、義母、区の相談員、ケースワーカーで話し合いが
持たれました。

私も行ったんですけど、拒否されました(笑

その場で相方が「うちに泊める事はできないし、同居もできない」と
きっぱり伝えたそうです。

ちなみに、「同居出来ないのなら、外泊も息子さん宅でないほうがいい」という
案はケースワーカーから出たそうです。

理由はわかんないです。
なにか、専門的知識で、外泊は今後住まいとする場所の方がいい、ということが
あるのでしょうか。

区の相談員の方は、、、この子が、、、。
よくやってくださるんですけど、若干難有りで、、、。

大変若いのです。
nonnoとかのモデルさんみたいな、可愛らしいし。

ただ、、、こういう深刻な話し合いの場には、特に、義母は人を見た目や学歴で
判断する人だから、、、。

ピンクのバックとか、薄手のブラウスとか、正直どんなもんかと、、、。

話それるけど、服装の話をすると「仕事がちゃんとできればそれでいいじゃん」
って言われるけど、じゃあ、あんた結婚式やお葬式に平服で行くのか?って
思うんですよね。

まぁ、いい。
本当によく頑張っています。

私は話し合いには参加出来なかったから待っていたんだけど、
話し合いが終わって後、彼女にあったら本当にボロボロ感がありました。

あの義母と対峙したんだ、よくわかる。

借金の話は特に何にも進んでいません(笑

どうにもこうにも法テラスが信用ならず、司法書士会に電話したら
しばらく放置した方がいいという話だったので。

義母が借りている倉庫。

倉庫とはいっても立派なマンションの一室。

何やら訳あり物件らしく、居住しないという約束で、期限付きで借りているという
何だかよくわからない物件。

で、案の定期限はとっくに過ぎているらしい。

義母が入院しているので家賃支払いも滞っています。

そんなわけで、そこの不動産屋さんにも相方が会ってきました。

不動産屋さんというと、ヤクザ的な、ちょっと怖いイメージがあり、
加えて家賃も納めていない立場なのでちょっとくらいの乱暴は
覚悟していったのですが、とても良い方のようです。

その方の話では、まぁ、とにかく義母の苦情が凄かったそうです。

夜中に大声を出す、荷物を外に出したり引っ込めたりうるさい、挙句に
お向かいの一軒家のご家族、小さな子どもにまで喧嘩ふっかけたり。

同じマンションに住んでいた某国立大学の女子大生は、義母の態度に耐えられず
引越しを余儀なくされてしまったそうです。

本当にごめんなさい。

私もこの傍若無人ぶりは聞いてはいたのですが、正直冗談だろうと思っていました。

そして、私はそんな義母を放置していたのですが、この不動産屋さんは
「何かわけがあるに違いない」と何度も話し合いをしていたそうです。

普通なら法的に強制退去させればいいはずなのに、ほんと、偉いです。

でも、話しあおうとしても、すぐ大声を出したり、警察署に逃げ込んだり、
上手くいかず、とにかく、一度息子さんと面と向かって話をしたいと思っていたそうです。

そんな大変な状況ならみんなで解決していきましょうと言ってくださいました。

世の中捨てたもんじゃないですね。

とにかく、統合失調症はそう簡単に病識は身につかない、
大変悪い病状なので、妄想症状は一生続くであろうというのが
お医者さんの見解です。

これから先どうなるんでしょうな。

ワールドカップが終わる頃、また私の人生が大きく変わっているかもしれません。
[PR]
# by tabalog | 2010-06-18 18:53 | トーシツ母さん

義母がトーシツになりました その4

まぁ、とにもかくにも、とりあえずは生活保護申請。

なにやら借金もあるらしく、私たちに分かる範囲でも調べるけど、
役所も申請の資料として必要なので調べてくれるとの事でした。

それと、義母には疎遠の母と姉がいます。

義母の父が亡くなった際に遺産などを巡り争いをしたらしく、
勘当状態なのだそうです。

しかし、保護を受けるには親族に支援を出来るか等の確認をしなければなりません。

義母の母と姉もその対象となります。

今となっては生きているのか、どこに住んでいるのかすらわかりません。

ですが、こちらも役所としては手続き上確認しなければならない
必要事項なので、調べていただけるという話でした。

翌21日。

義母が借りている倉庫の様子を見に行きました。

部屋の外まで物が溢れていました。

よくテレビでゴミ屋敷、なんて見ますよね?
あんな感じです。

しかも、この日は雨。

片付けようにも上手くいきません。

しかも、帰りに部屋の鍵を無くしてしまいまして、
事態をより複雑にしてしまいました。

まぁ、状況としてはだいたいこんな感じです。

ここからは知ってて得する!?
得しない方がいいに決まっているのですが、、、
医療保護入院の手続きについての話です。

義母のように、もうあきらかに「アンタ 、基地外やでっ!!」
という状態なのにも関わらず、精神科にかかることを
拒否している場合、医療保護入院ができます。

でも、そんな人権無視的なこと、いいんか?

いいわけはない。

でも、このまま放置していてもいいわけはない。

その為にも、なかなか大変な手続きがいります。

保護者になれる人は、後見人・保佐人(民法の規定による者)、
配偶者、親権者(20歳未満の場合は両親)。

上記対象者がなければ、20歳以上で3親等内の親族(扶養義務者)がなれます。

それらが、複数人いれば家庭裁判所でその中から1人を決めてもらわなければなりません。

これを、保護者の選任審判といいます。

義母の場合は、離婚しているため配偶者がいません。

保護者選任に関わってくる親族は息子(うちの相方)、疎遠の母と姉になります。

常識的に考えれば、保護者は息子であるうちの相方になります。

ですが、法律的には疎遠であろうと親族は親族。

そこで、どうしても保護者は息子であるという事を裁判所に決めてもらわなければ
ならないわけです。

そして、入院時から2週間以内に裁判の審判が必要です。

非常に急を要する話です。

しかも、お役所仕事、どこで書類をもらおうにも平日しかやってません。

私が行けるところは行きましたが、基本的には保護者本人でなければ
ならない手続きがほとんど。

私も出来ることがあればと奮闘するのですが、あんまりなくて、
結局相方が有給とることもしばしば。

有給のとりずらい会社、有給のとりずらい人はきっと大変だと思います。

具体的に必要な書類は以下の通りです。

手順としては

義母、相方の戸籍謄本各2通、私の戸籍謄本1通、相方の身分証明書1通を
戸籍謄本を発行する役所で発行してもらう。

義母、相方の住民票各1通を現住所の役所で発行してもらう。

義母、相方、私の戸籍謄本各1通と委任状、登記されていないことの証明書の
申請書、登記印紙400円をもって法務局へ行く。

申立書、収入印紙800円、義母と相方の戸籍謄本と住民票各1通、相方の身分証明書1通、法務局でもらった登記されていないことの証明書を持って家庭裁判所へ行き、審判を受ける。

まず、相方と私の連携が悪くて、戸籍謄本や身分証明書を発行してもらうのに
時間がかかってしまいました。

戸籍が遠くにあるというのはこういう時不便ですよね。

法務局は代理の私でも、委任状があれば、特に問題なくさっさと終わりました。

家庭裁判所は、まぁ、私でもやれなくはなかったのですが、
代理が行くと、結局本人あてに申立内容の確認の封書を出さなければ
ならないので、結局時間がかかります。

しかも、運悪く私たちは書類をすべて揃えるのに時間がかかってしまい、
さらに、ゴールデンウィーク直前で役所が閉まる前という始末。

病院から提示されている医療保護入院の手続きの締め切りも目前。

家庭裁判所の窓口の方が気をきかせてくれて
「このままだと日数かかるので、どうにか当事者である
旦那様に御足労願えないでしょうか?」と
おっしゃってくださいました。

で、不幸中の幸い、相方はその日はまた有給を取って、
法テラスへの相談やら、義母の倉庫の不動産屋との接触やら
やっていたので、電話して裁判所にきてもらい、
審判を得ることができました。

手続き面では、まぁ、そんな感じです。

私にも出来ることはないかと、区の消費者生活センター、福祉事務所、
法テラス、はたまた母が借りているクレジットカードの
キャッシング系の会社など結構電話しました。

キャッシング系の会社はちょっと怖かったけど、
「義母が入院していて後見人手続きをしたいから
残高を教えて欲しい」と相談すると、割合すんなりと
明細書を送ってくれました。

一番長く話して役に立ったのは消費者生活センターです。

聞いたことは大体こんな感じです。

★債務整理について
 クレジットカード会社のキャッシングであれば、
一社平均の限度額が20万円程度なので
そんなに大きな額にはならないと思う。
 本人に支払能力がない事を伝えれば、減額、もしくは
支払いをストップすることができる。
 手続きは会社によってマチマチ。
 その手続に関しては、法テラス、司法書士連合会などが
適切に相談にのってくれると思う。
 
 あまり額が大きくなければ、義母の代わりに支払った方が
いいのでしょうか?との問いには、
本人に支払能力がないのに返済を続けると、返済に使える資産が
あると思われるから辞めた方がいいという事でした。

 病気でお金の管理能力が無くなっているのであれば、
息子さん(相方)が後見人手続きをして、
破産手続きする、ということも考えた方がいい。

 それはいくらなんでも、、、と率直に言うと、
退院後にまた借金したり、大きな額の買い物をしたり、
なにやらローンを組んだりするといけないので
可哀想などと言わずに破産した方がいいのではないかと
いうことでした。

借金の額が分からないということに関しては、
日本信用情報機構、CIC、全国銀行個人信用情報センターなどが
調べてくれる。

が、調査に時間と手数料がかかるので、
なるべく本人に確認した方がいいということでした。

保健サービスセンターには障害者手帳について電話しました。

まぁ、こちらはまだ本人が入院中の間はあまり関係なさそうです。

でも、まだ義母は自分が精神的に障害を持っていると思っていないので
果たして障害者手帳を受け取るか、使うか、ということは疑問です。

法テラスには予約をして相方と二人で直接相談へ行きました。

法テラスはお金に関する相談です。

実は、法テラスへの相談が一番手応えなかったです。

こちらの希望としては、やはり義母が入院している間に
破産させてしまうのはいかがなものかという疑問に対しての
答え、法律の専門家からの知識、何か別の観点、
そういったものを期待していったのですが残念な結果でした。

法テラスは低所得者層の相談所みたいなものです。

実際、相談対象者は世帯収入23万以下と決まっています。

確かに、無料で的確なアドバイスを得て、法的な手続きなどを
やってくれます。

でも、私たちは相談に行った時点で、提示されてくる回答内容は
すでに勉強済みだったので、「えっ、結局もう私たちが知っている
知識しか与えてくれないの?」という感じで拍子抜けでした。

感じとしては「えっ?お金ないんでしょ?じゃあ、破産手続きして
すっきりしちゃいなよ、手伝ってあげるからさ〜、タダで。」
みたいな感じです。

そりゃまぁ、確かに弁護士事務所に行くお金がないから
法テラスに相談したんですけど。

おっしゃることはごもっともなんですけど、
でもな〜、なんだかな〜、なんかないんかな〜。

飲み友達のK氏はそういえば法学部だった!!

ということで、相談したところ

「少し相談料出しても弁護士事務所行ってみろよ」みたいな事
言ってました。

「まぁ、これがうちのオヤジだったら禁治産者にしちゃうけどな」
だそうです。

なんて親不孝な男なんだ、お前は、、、。



 
[PR]
# by tabalog | 2010-05-10 16:58 | トーシツ母さん

義母がトーシツになりました その3

その2からの続きです。

義母がトーシツと診断されました。

勿論本人は診断結果を受け入れようとしません。

相方は医師から決断を迫られます。

「強制保護入院」

これぞホントの病院送り!!

実はちょっと前から私は相方にそれとなく勧めていたことがあります、強制入院。

相方は実の母に向かってそこまではするのは可哀相だと言っていました。

私も大変冷たいアドバイスだったとは思いますが、
義母が良くなるにはそれしか方法がないのではないか?
と、思いつつ、他にも色んな方法を探していました。

私だって万が一、自分の母親がそのような状況におかれた時、
病院送りという選択は極力避けると思います。

でも現実に、ついに医者にまで母の強制入院を迫られてしまいます。

「今日を逃せばもう無理だと思います」という医者の言葉に
相方は決心を固めます。

本人には知らせないまま睡眠導入剤を点滴し、
拘束服を着せられ、救急車で受け入れ先の病院へ。

「そんな非人道的なこと今時あるんかいな!?
私らだまされてるんじゃないの!?」

そう思っていましたが、後日役所の人の話によると、
今時は人権問題も絡んでくるし、
余程のことがない限りそのような措置は取らないという事でした。

つまり、余程の事だった、という事ですな。

入院させた後、彼は一人電車で帰宅してきました。

「本当にこれで良かったんだろうか?
他に手立てがなかったのだろうか?
でも、良くなると思うしかない」

そんな風に励まし合いながら19日は終りました。

20日。

相方と病院へ。

まずはケースワーカーの方と面談です。

義母が私の事を激しく悪く言っているらしく
「あ〜、例の嫁さんね」みたいな感じでした。

面談は義母の症状がいつ頃からなのか、
現在の生活について、保護選任手続き、入院手続
概ねそういう話でした。

この中の保護選任手続きというのが何しろ大変で
後日私を手こずらせ、テンパッてしまう原因となってしまいます。

ケースワーカーさんとの面談の後、いざ義母との面会!!

さぁて、どうしたもんかいな〜。

そしたら、「嫁さんは妄想対象になっていて患者を刺激してしまうし
貴方もあらぬ口撃を受けかねないから、会わないで下さい」との事。

あのババァ〜!
誰彼なく人の悪口ぬかしおって〜!!

てか、妄想対象ってなんじゃ〜!!

まぁ、病気の業なので仕方ないか。

そんなわけで、病室の外で待つことに。

病院が終わればその足で役所へ。

ここから義母の置かれている状況がなんだか
複雑なものらしいぞ、ということが
やっと私にもわかってきます。

実は義母は今、住居がない。

タイミングよくというか、悪くというか、
入院直前に家賃滞納のため強制退去させられてしまったのです。

別に私たちも義母に対して、
貧乏を強いていたわけではなく、
ちゃんと月に10万円、もしくはそれ以上
相方は義母に仕送りをしていました。

それプラス年金。

無駄遣いさえしなければ、贅沢はできないかも知れないけれど
年寄りの一人暮らしならやっていけた金額のお金が
あったはずなのです。

ですが、そこも病気の業なのでしょう。

管理能力が皆無なので、入ったお金を、
入ったそばから使ってしまっていたようです。

強制退去させられた住居の近くに倉庫として借りている
マンションの一室がありまして、しばらくは
そこで寝泊まりしていたようです。

ですが、強制退去時に、住居の荷物を捨てればいいのに、
その倉庫に持ってきてしまったものだから、
いよいよ足の踏み場もなくなってしまい、
自分自身でさえ荷物に場所を奪われ、
終にはマクドナルドなどで一晩過ごすなどしていたようです。

病気の問題、住居の問題。

いよいよ生活が逼迫していくなか、入院前にも義母と相方は
生活保護申請をしようと、役所を訪れています。

が、義母はとにもかくにもプライドが高い!!

私の生まれもあまり気に食わなかったし、
何しろ福祉を受けるというのは最貧民の連中が
やることだ!!などという考えの持ち主。

ましてや生活保護なんぞもっての他。

まぁ、生活保護はフツーの人でさえ嫌なもんですよね。

私は生活保護を受けて育ったんで、世の中のちょっとした
冷たい目は重々承知しております、ハイ。

で、案の定、義母は役所で声を荒らげたいだけ荒らげ。

ちょうどその日は生活保護受給日で
たくさんの生活保護受給者がいて、
その人達に「私はこんな連中と一緒ではな〜い!」と
あまりにも大胆すぎる差別発言をし、罵倒しまくっていたらしいです。

受給者の方より、あんたの方がビョーキだってばよ(ーー;)

一応相方がどうにか申請してみたものの、
生活保護は(確か)本人に受給を希望しないと受けられないので
当然申請は却下。

で、長い説明でしたが、入院したのを期に再度生活保護申請にきたわけです。

続く
[PR]
# by tabalog | 2010-05-06 20:59 | トーシツ母さん

義母がトーシツになりました その2

トーシツって何だかよくわからない。
どんな症状なんだ?

書きたい気持は山々なのですが、
まずは私の頭の中を整理したいので
義母が入院した経緯から。

あっ、ちなみに私たち夫婦と義母は別居しておりまして
義母は一応一人暮らしです。

「一応」というのもこれから説明します。

で、今まで病的な行動、発言を繰り返していた義母。

いつも相方と義母は「病院に行こう」「行かない」とケンケンガクガクでした。
義母の気持ちもわかります。
誰も精神科なんて好んで行きたくないですよね?

時々病院まで一緒に行っては診察は拒否。
もしくは病院へ行くことも拒否。
そんな事を繰り返していました。

4月19日(月)
急転直下、事態が急変します。

この日の朝もいつものようにうちの相方が義母に電話をして
病院へ行こうと誘い、この日は義母が病院へ行くことを
承諾してくれたので、相方は有給を取り、義母と二人で病院へ。

じゃあ、私は何をしていたのか?

寝てました(笑

いやいや、今にして思うと(笑ぢゃねえだろっ!って思うんですけど、
何しろ毎朝こんなやり取りを繰り返しているので、私としてはもううんざりで、
ふて寝してました。

お母さんが病院に行ってくれなければ、午後はあくので
鈴本の昼の部にでも行こうと約束していました。

しかし、昼の部の時間になっても連絡がこない、、、。

ということは、ついに義母が診察を受けたんだ。

う〜ん、病気を治すのに協力してくれるかな?
というより、本当は病気じゃなかったら、かわいそうなことしたかな?

色んな思いが頭をよぎりながら連絡を待ちました。

診断結果はやはり思った通り統合失調症でした。

続く
[PR]
# by tabalog | 2010-04-29 19:17 | トーシツ母さん

義母がトーシツになりました その1 プロローグ的な?

ま、タイトル通りです。

って、わかりませんよね、これじゃw

ここで使うトーシツとは統合失調症の事です。

左横にへっぽこなりに表示されている私のtwitterを見ていると
ちょいちょい現状が出てくるとは思いますが、
義母、うちの相方(夫)のお母さんが統合失調症に
なりました、というよりトーシツは突然かかるもんじゃないんで
ついにトーシツと認識されるまでに至ったという状態です。

まぁ、こういう病気を面白おかしく表現していくのはどうかとも思いました。
でも、やっぱここは昔からの友達が見ますから、笑いを大切にするいつも通りの
私でありたいので、ひんしゅく買おうとも明るく書いていきます。

それと、いつもの飲み友達K氏が
「これからはお前ら夫婦みたいに困窮、単身、高齢、障害の
親を持った俺ら世代は確実に増えてくるよ。
どんどん世の中に発信していった方がいい」と
ヤツにしては珍しくマトモな事を言ったので、
傷つく人が出ないようにしながら、
出来るだけ詳細に書いていきたいと思います。

私たち家族の経験が他の誰かに役に立つことを願って。

そして、いつか私たち家族が
「こんな〜時代が〜ああったねとぉ〜、
いつか笑える日がぁ〜くるわぁ〜♪」と
歌えるようになるようになることを願って。

あっ、いや、歌うことだけでしたら、今でも出来ますが(^^;
[PR]
# by tabalog | 2010-04-29 18:15 | トーシツ母さん

本と映画の感想&美術館(自分的覚書)

色々詰め込むだけ詰め込んでアウトプットできてなかったんで。

かる〜く、メモ程度に。

■映画■
 ★シャーロック・ホームズ
  すんごい期待していったのがバカみたい。
  ロバート・ダウニーJrとジュード・ロウという
  私的にはナイスな俳優を起用していながら
  何故こうなる?という実に残念な映画。

 ★マイレージ・マイライフ
  ジョージ・クルーニーの相手の女性の人物設定がイマイチ弱い。
  人とのつながりは、ここんところ気になるテーマなので
  まぁ、良し。
  でも、あまのじゃくなので「こんな程度で感動すると思うなよ」とニヤリ。

■DVD■
 ★浮き草
  小津安二郎監督作品。
  小津作品を通しで見られたのは初めて。
  以前はユルさに耐えられず、必ず途中で寝た。
  年取ったせいか最後まで幸せ気分で見られた。
  立川志らくが小津の作品は落語だ、と題してテレビやってたけど
  なるほど。落語だ。

 ★いのちの食べかた
  ドキュメンタリー。
  ナレーションや音楽、セリフなど一切なく
  ひたすら屠殺だとか、農薬まいたりだとかの
  映像が流れているだけ。
  こういう映画を観ると、こういう現実を知って欲しい人は
  結局こういう映画観ないんだよね、っていつも思う。
  さすがに、屠殺シーンはキツイです。
  DVDだったから早送りで見られて良かったと思いました。
  なるべく肉は食べないようにしていますが、
  それを人に押し付けることもないのですが、
  やっぱりハンパなく肉食べる人にはこの現場は見てもらいたい。
  ありがたく飯が食えるようになると思う。

 ★フォレスト・ガンプ
  時々あるんです、映画が好きなくせにチョ〜有名な映画を見ていないことが。
  あまのじゃくだから。
  これはウチの相方の推薦。
  なるほど、彼の好きそうな感じだ。
  ガンプの純粋さはちょっと、私には真似できそうにないけど。

 ★時代屋の女房
  村松友視原作、夏目雅子出演。
  なんで借りちゃったんだ?って思うくらいまるで
  期待してなかったんだけど、意外と面白くて結局
  最後まで見ちゃった。
  渡瀬恒彦演じる主人公のような男性は、いいね、かっこいい。
  猫の名前がアブサンなのが、村松友視が飼っていた猫と同じなんだけど
  本当のアブサンなのかな?

 ★ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア
  これもうちの相方のオススメ。
  ドイツ映画。
  長瀬智也主演で作った映画の元ネタですね。
  男の友情とユーモア満載。
  映像もかっこいい。
  また観たいと思った。

■本■
 ★放送禁止歌/森 達也
  好きなんだよな〜、森達也。
  今まで私が「?」って思っていた事を見事に著してくれていて
  いつも目からウロコです。
  放送禁止歌をたどっていくと、被差別部落の問題や
  森さんが生業としているマス・メディア業界の問題が出てくる。
  被差別部落の話、私にはぜんぜんピンと来ないんですけど
  沖縄にもあったのかな?
  これからしばらくは被差別部落について色々と調べていこうと
  本を探しております。

 ★働かざるもの、飢えるべからず/小飼弾
  ベーシック・インカムの本。
  じゃあ、ベーシック・インカムって何?って言われると
  本を読んだ今でも上手く説明出来ない。
  そもそも、いわゆる「ブロガー」ってあんまり好きじゃない。
  広告収入でいいモン食ってます、的なイメージがある。
  なので、これも全然読む気がしなかったんだけど、
  部屋に転がってたんで暇つぶし。
  で、その未だによくわからないベーシック・インカムなんだけど、
  私はいいシステムなのではないかと思う。
  私が「世の中がこういう風になればいいな」と思うのは
  フェアトレードだったり、スロービジネスだったりに集約されていて、
  それ以外のシステムには、イマイチ納得出来ないし、希望が見いだせなかった。
  物を作ってくれる人には、それなりの対価を支払うのが当然。
  だから、1円の壁の話を読んだときは、ちょっとビックリした。
  世の中フリーなものが増えてきて、1円の壁が高くなったって話。
  あ〜、フェアトレードだ、なんだかんだ言って現在の消費社会に
  違和感を覚えていたけど、そればかりにとらわれて、その間に
  世の中の頭のいい人達はベーシック・インカムなんてシステムを
  考えていたのだな〜、と。
  私こそ実はお金にとらわれすぎていたのではないかな〜、と。
  ベーシック・インカム、もちっと調べなければ。

■美術館■
 ★VOCA展&照屋勇賢展
  VOCA展は40歳以下の現在美術作家を対象とした賞。
  今年は賞を取った人が全員女性だそうです。
  一見絵のように見えて実は彫刻だとか、絵に糸を通して縫い物のように
  していたりだとか、色々面白かった。
  照屋勇賢展は紅型染めの「結い You-i」という作品を初めて見られて
  感動しました。
  一見するとただの着物。
  でもよ〜く見ると、ヘリが飛んでいたり、パラシュートで降りている
  軍人の姿があったり、なかなか面白いものです。
  柄が柄なだけに染めてくれる工房を探すのも大変だったと本で読みました。
  ちなみに、ご本人がいらしたのですが、電話で話をしていたのと
  ちょっと恥ずかしかったので、声はかけられませんでした。

 
[PR]
# by tabalog | 2010-04-04 18:12 | 最近の出来事

twitter貼り付けた

最近ブログよりもツイッターでつぶやいている方が
多くなってきたので、貼りつけてみました。

はてブを自動的に送っているのと、エバーノートにも
送っているので、ちょっと便利なのかな?

今のところよくわかりませんが、ワードプレスも気になり、
暇なうちに勉強しとけって話なので、
こうなるとエキブロはいらないって事になってしまうな。

でも、基本ノンノンさんで、第一数字に弱いからな〜。

そんな色々できません(ーー;)
[PR]
# by tabalog | 2010-03-24 14:28 | 最近の出来事

週刊朝日ムック「筑紫哲也」

a0004725_9403739.jpg

筑紫さんがいなくなってから、すっかりNEWS23を見なくなってしまいました

筑紫さんは沖縄もそうですが、少数派の意見を全国のニュースにすくい上げてくれた人です。

今そんなジャーナリストいません。

自身の世代責任について強い思いを抱いていた事は
テレビで見る筑紫さんとはちょっと違う「強さ」を感じました。

多事争論傑作選が収録されていて、その中の一つにイラク日本人人質事件について
当時小泉純一郎が「自己責任だ」と言った事を、筑紫さんがやんわりと批判しているくだりがあります。

あの時、みんながみんな小泉純一郎の「自己責任」説に扇動され、
人質になった人をさも犯罪者のように仕立て上げていた感じがして
でも、その話題になると、そういう論調に話を合わせていた自分がいて
何とも言えない息苦しさを覚えていました。

人質になった人が何故イラクに行ったか、自作自演か云々はさておき
時の首相が、政治家がこんな言葉を安直に口にしてしまう。

そんな事態に異論を唱えることが出来ないわけではないけど、
非常にしずらい世の中になっている。

それにしても、筑紫さんといい、談志といい、茨木のり子といい、
私の好きな人には世の中で正しいと思われていることを
「本当にそうなのか?」と疑ってかかる人が多いな〜。

自分の深層心理と因果関係があるのかな。
[PR]
# by tabalog | 2010-03-24 10:13 |

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧