<   2005年 05月 ( 15 )   > この月の画像一覧

タナカヒロシのすべて

a0004725_10264451.jpg
公式HPはコチラ
公開初日(5月14日)の朝イチの回をシネクイントで観てきました。
この映画良かったです。
鳥肌のファンという事を除いたとしても、かなりの良い出来だと思います。
鳥肌はいい作品に出会えたなぁ~、と心から感謝です。

大体の内容はというと、鳥肌実演じる「タナカヒロシ」という平平凡凡なんだけど、ちょっとやる気のない青年に次々に不幸がやってくるという物語。
しかし、映画全体にほんわかとした雰囲気が漂い、悲壮感は微塵も感じさせません。

鳥肌の脇を固めるのも個性的な面々で、お母さん役の加賀まりこさんをはじめ、あまり記憶に覚えのない友人役に雨上がりの宮迫さん、ひょんなことから入会する事になってしまった「テルミンと俳句の会」の主宰役に伊武雅刀さん、会員に市川実和子さん、勤務しているカツラ工場の上司役に高橋克美さん、同僚には昭和のいる・こいる師匠、工場の近くで弁当を売っているユンソナちゃん、そこのお客の鈴木みのると、私の心を揺さぶりました。

タナカヒロシが32歳と私と同い年なので、笑いばかりではなく考えさせられる事も少々ありましたが(^_^;)、ラストのオチで一気に爽快感が湧き出てきて、「はぁ~、いい映画だったなぁ~」と思わずニコニコしてしまう感じです。

上映後、鳥肌実と、加賀まりこさんと、宮迫さん、監督の田中誠さんが舞台挨拶で登場しました。
鳥肌はずっと恐縮気味で何度も何度も「どうもすみません、どうもすみません」と繰り返していて、それが実に鳥肌らしく劇場の苦笑(爆笑ではない)を誘っておりました。
で、鳥肌ちっさいんだけど、宮迫さんもあんまり背が変わらなかったのに驚き。
案外ちっさい人だったんですねー。

ついでに、エキサイトに鳥肌のインタビューがありましたので、コチラもどうぞ♪
[PR]
by tabalog | 2005-05-16 10:25 | 映画

真ちゃん挙式

真矢、石黒彩 5年目の挙式

いつも目覚まし時計(といってもPHSのアラームだけど)止めて後すぐTV(めざまし派)をつけるんだけど、いきなり真ちゃんのアップが出てきたもんだからビックリして、「なんだっ!?赤子がいるというのに離婚でもしたんかっ!?」と心配したけど、なんのこたぁない、いまさら挙式、だったんですねー。

でも、こうやって結婚後しばらくたった後でも挙式を挙げてくれる真ちゃんて、つくづくロマンチックで、男気あふれているよねー。
和装っていうのが、また真ちゃんらしくて良い♪
彩ちゃんもかわいかったね、とっても幸せそうでした。
しかし、いつのまに子供が三人も産まれてんだ、あの家族?

そして、記念写真を撮っているときに真ちゃんの後ろに見える、めっちゃべっぴん!!
そう、SUGIZO!!
いや~、朝っぱらからすっかり目が醒めましたわい。

360度いい男キャンペーンの一番人気ですよ。
意味わかんないでしょ、勝手に作ったの、360度いい男キャンペーン。
別に何も意味ないです、ただ語呂がいいから使っているだけ。
新鋭「赤ちゃん&亀ちゃん」(赤ちゃんは赤西で亀ちゃんは亀梨ね)をもってしてもやはり大御所にはかないませんわー。
SUGIZOも嬉しそうに笑ってましたね。
SUGIZOも和服にすりゃ良かったのになー。
って、自分が見たいだけなんですけどね。
あっ、なんなら花嫁衣裳でもよかです。

しっかし、真ちゃんとSUGIZOは腐れ縁ですね。
あのSUGIZOとやっていけるなんて真ちゃんの懐の深さを感じますよ。
だって、差し入れに吉牛を出されて「俺のは肉なしを買って来い」なんて言うワガママちゃんですよ?
男は黙って食えってんだい。

で、うちの彼氏は真ちゃんを見て「グレート義太夫かと思った」だって。
[PR]
by tabalog | 2005-05-13 15:49 | 音楽

おとこ友達との会話/白洲正子

a0004725_15245892.jpg

ちょっとエロいタイトルのような感じもしますが・・・(^_^;)
なんてことはない、白州さんの琴線に触れた著名人との対談集です。
別段「お友達」というわけではないようです。
対談の相手で私が知っている人といえば、赤瀬川源平さん、養老孟司さん、河合隼雄さんくらいでした。
しかし、どなたとの対談も非常に興味深く、白州さんの造詣の深さ、弁の滑らかさが伝わってきます。
なにより、使っている日本語がキレイなんですよね。
私もああいう年寄りになりたいものですが、長年お金と時間を使って培われたものだから、まぁ、凡人には無理でしょうなぁ・・・。

今まで白洲さんの本を読んでもよくわからず、騙し騙しの状態で理解するフリをして、とりあえず読み飛ばしていたお能の話が、ここにきてまったくわかりません。
どうも、沖縄で生まれ育つとねぇ、そういった日本の文化にイマイチ慣れ親しんでいなくて悔やまれます。
お能なんて、多分LUNA SEAの真矢クンがやっているっていうので初めて知ったくらい、それくらい知らないかも。
こうなりゃ一度は見てみたいなぁ、とも思いつつ、「ほとんどのお能はつまらない」という白洲さんのお言葉。

どうすりゃいいんだ、トホホのホ。
[PR]
by tabalog | 2005-05-12 15:41 |

鳥肌実のサインを貰ったのねん♪

先週の土曜日、正午頃に起きて「今日は何しようかなぁ・・・。」なんて何気なくネットしてたら、ナ、ナントッ!!鳥肌実がトーク&サイン会をやるというではないかっ!!
しかもっ、開場1時半の、開演2時っ!!
時間なさ過ぎぃー!!
急げ、急げーーー!!
と、慌てて渋谷のHMVへ。

ここでは書いた事がないのですが、私、鳥肌実ファンなのです。
きっかけはウチの弟なのですが、ウチの弟はそりゃもう尋常じゃないファンで、グッズも鳥靴下という、なんのことはない靴下以外は全部持っているというつわもの。
「何で靴下は買わないの?」と聞いたら、「あんなオジサン靴下履かないから」って、他のTシャツとかは着ているのかしら・・・?
どのような人かはコチラをご覧になって。

まぁ、そんなわけで私は初鳥肌だったんですが、トークはわずか20分程度ですぐサイン会に移ってしまいました。
話す内容はというと、いつもの彼と別段変わらずで特筆するような事はございません(^_^;)
でも、本当は映画の宣伝のためのトークショーのはずなのですが、いつものような鳥肌調子でしたね。
人は思ったほど多くなかったんですが、何しろ私もチビだし、鳥肌もチビなもんで、正直あまり見えませんでした。

がっ!!

サインしてもらうときにマジマジと顔を見て見ると、やはり聞きしに勝るお美しさっ!!
とんだキチガイ芸人をやっているばっかりにTVにもだしてもらえないとは勿体無さすぎる!!

しかし、そんな鳥肌にも凄いチャンスが巡ってきた。
映画の主演をやっちゃったのだ。
それが来週から公開される「タナカヒロシのすべて」という作品。
ただのインディーズ映画かと思いきや、共演者も超豪華で、ユンソナや、加賀まりこ、雨上がりの宮迫なんかも出ていたりする。
私的には、わざわざ演舞場にも観に行ったりしているほど大好きな昭和のいるこいる師匠が出るのが凄い嬉しい。
まぁ、「のいこい」はマニアックだけど。
あのジジィ、演技できんのか・・・?
そんなわけでまた私は来週渋谷に行かなければならなくなってしまった。
話があっちいったりこっちいったりしているけれど、舞台挨拶の整理券ももらったのねん。
この映画、鳥肌の芸風とは全く違い、ちょっと泣かせるいい話らしいので、興味のある方は渋谷のシネ・クイントで見てやって頂戴♪

a0004725_0261814.jpg

[PR]
by tabalog | 2005-05-09 13:01 | お笑い

ドッチボール

a0004725_12593681.jpg


公式HPはコチラ

もう一週間くらい前の公開初日に観に行きました。
ベン・スティーラーの最新作です。
日本公開、待っておりました!!

ベン・スティーラー好きな方、「ズーランダー」のあのくだらなさが好きな方にはたまらない映画だと思います。
けど、「ズーランダー」と比較すると、こっちはちょっと落ちるなぁ。
なにしろ、ベンが悪役に徹していて、思ったほど露出がないのねん(T_T)
でも、充分オバカです。

あとで知ったんですが、ヒロインのケイト役の人、ベン・スティーラーの嫁はんなんだそうです。
何でも、「ズ-ランダー」で知り合って、そのまま結婚しちゃったとか。
どうりで見たことあると思ったよ、あのべっぴんさん。

有名な俳優さんやなんかは全然出ていないけど、笑える映画を観たい人は映画館へGO!!をオススメします。
[PR]
by tabalog | 2005-05-06 13:00 | 映画

似てる有名人はガチャピンです


by tabalog

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

★twitter★

Twitter / sugiyanagi13

検索

最新のトラックバック

ブログ
from はじめまして!
債務整理研究所
from 債務整理研究所
石ばし@江戸川橋
from 資格ゲッターが行く!
粗食のすすめ
from 西式健康法 プチ断食セラピー..
モンスター
from 映画、言いたい放題!

ブログパーツ

ファン

ブログジャンル

画像一覧